なんちゃってVR試してみました。

アウトレット特別特価

今、流行りのVR。
VRとはバーチャルリアリティ(Virtual Reality)の略ですね。

話題のゴーグル型が気になる

Oculus Riftの登場で、ゴーグル型を中心に話題となっています。

このゴーグルは、中に液晶と表示するためのCPUやグラフィック関連、マザーボードが入っているものでしょうが、Googleが、「それならスマホを入れちゃえばいいじゃん」というコロンブスの卵的な発想で、Googleカードボードの仕様をオープンで出して、安価ななんちゃってVRのゴーグルが売られるようになりました。

当店でも取り扱いのzSpace

当店では、本格的なVRシステムである、zSpaceも国内正規販売店として取扱をしておりますが、そのクオリティは、ビジネスに利用できるだけの素晴らしいものですが、正直お値段はグッと張ります。

zSpaceの特長として挙げられているのは、その描画能力と継続使用をしても疲れにくいという点です。

確かにデモ機を利用してみた感じで、長時間かけていても、目立って疲れたという感じはしませんでした。

でも、なんちゃってVRとどれほどの差があるのか分らないので、機会があれば試してみたいなと思っておりました。

なんちゃってVRゴーグルを購入

台湾の電脳街を歩いていると、店先にポロっと置いてあったので、下の商品を購入。
まあ、高いものじゃあ無いんですが。
snip_20160610155131

「VR SHINECON」という商品です。

家に帰って、ワクワクしながら現物を開けてみると、プラスチック成型物のチープ感が…
それでも、この機種は、他のものに比べると作りは良い様なのですが..

VRのコンテンツを入手

VRのコンテンツはネットから拾います。

VRプレーヤーは何個かありますが、フリーのものもあるので、そちらで試してみる方が良いですね。

私はiPhoneなので、先ずはApp Storeで「VR」で検索。

何個か出てきたので、全て入れてみました。

試してみました

早速試してみました。
これはゴーグルの前部の蓋を開けて、そこにスマホを差し込むタイプ。
内部ホルダーが微妙に動くので微調整ができます。

アプリを起動して、蓋をしめて、ゴーグルを装着します。

見えるけど立体感が無く、画像がダブって見えてました。

蓋を開けて、画面を見てみると、2D用の表示になってました。
つまり通常表示ですね。

これが原因か。

VR動画には、カードボードのイラストのアイコンなどがあるので、それをタップすると左右二画面表示となります。

そのうえで、もう一回装着すると、「あ、見えた」。

おすすめアプリ(iOS)

ついでに、他のアプリも調べてみました。

一押しは「Vrse」。
これは、コンテンツのクオリティが高いですね。

「U2」のVRビデオがありました。
ボノが目の前に出てきて、色んな意味で迫力ありました。
(オッサンが目の前にでてくるという、緊張感…)

あと、「Jaunt VR」。
これもコンテンツのクオリティが高いです。
ポールマッカートニーのコンテンツなんかあったりしました。

その他にも色々あります。

使ってみての感想

360°表示なので、頭をキョロキョロとしてしまいます。
なんちゃってながら、面白いです。

でも、なんか「トイ感」は捨てきれません。

で、体験して感じたのは、確かにお手軽で面白いのですが、長時間使用すると、目の疲れが半端ないですね。
個人差もあるとは思いますが、疲労感は目だけではないような気もします。

酔ったり、めまいがしたりする人もいるかもしれません。

結局、左右分割になった画像を、一つに重ね合わせてみるわけですから、つまりは左の眼で右の画像を見て、右の眼で左の画像を見て、重なって見えている部分を3Dとしている感じなんでしょうか?
(すいません、推測です)

だから、無理が出るんでしょうか?

面白いけど、私には、継続使用は、ちょっと無理って感じです。
せいぜい、5分から10分くらいかなあ?
使い続けていると、何か、健康に害がありそうな予感がします。

恐らく継続使用に関しては、そのうち「何分以内で」とかのアラートも出るかもしれませんね。

zSpaceとの違い

zspace
先にご紹介したzSpaceは、描画方式が異なるのと(左右分割ではありません。モニターは裸眼でも見えます)、装着グラスが映画館の3Dグラスみたいな感じなので、ある程度長い時間作業をしても、なんちゃってに比べて疲労感は圧倒的に少なかったです。

感じとしては、下の写真の様に、モニターの上部の空間に浮いて見える感じです。

なおかつ、付属のスタイラスで、対象物を「掴んだり」「移動させたり」「回転させたり」できますので、モデリングの検証なんかにも良いですね。
snip_20151211144540

複数人での作業など、かなりクオリティの高いものとなるでしょう。

zSpace関連のエントリーはこちら…

zSpaceが可能にする新しいVR体験
zSpaceがやって来た。驚異のVR体験

zSpaceの商品ページはこちら…

zSpace200 Station 24in VR(Virtual Reality)立体視ディスプレイ
お問合せもお気軽にどうそ!