Apple株の値下がりで、エンロンの4倍のロスに!

アウトレット特別特価

米IT株の動向はどうなっているか?
投資には縁もないので、無関心でしたが、ちょっと驚く内容になってます。

USA TODAYの記事によると、

Investors have seen nearly $240 billion in wealth evaporate in their Apple holdings since the stock hit its closing peak on Feb. 23, 2015, says S&P Global Market Intelligence. That’s a staggering loss rivaling some of the biggest implosions in stock-market history – even exceeding stock investors’ losses on failed energy firm Enron, which many think of as the epitome of a terrible investment.

Investors simply looking at Apple’s price, which has fallen 29% from its all-time high to $94.20 a share, might miss the gravity of the decline given Apple is one of the most widely followed and owned stocks by individuals and professionals alike. When a company once worth more than $700 billion drops this much, it’s a massive event that signals how the company is transitioning to different owners with different objectives.

Appleの株価は、2015年の2月23日がピークだったそうですが、この時より総額で2400億ドルが減少したという事です。

これは、かつてのエンロン破綻時の時価総額(600億ドル)に比べても4倍という巨額になるそうですが、エンロンは破綻でのロスであるので、一概に比較は出来ないと思いますが、一つ言えるのは、エンロンショックの2001年の時に比べ、投資マーケットが巨大になっている、バブルな感じはします。

ちなみに、同記事によると、最高値から現在を比べてのロスが膨大になっているワースト5の企業として、下記が挙げられています。
(金額単位は百万ドル)

  1. Cisco Systems, CSCO, $418.2
  2. Intel, INTC, $354.9
  3. General Electric, GE, $324.1
  4. Apple, AAPL, $236.2
  5. Microsoft, MSFT, $211.4

投資の世界は、私たち凡人には理解を超えています。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする