サーバーの高度な運用管理がデフォルトで

アウトレット特別特価

PCが故障したら、個人ベースでの業務はストップしてしまい、影響大なのですが、これがサーバとなれば、全社の業務に支障が生じてしまい、大きな生産性のロスとなります。

そのため、システム管理者の方は既に、サーバ運用管理のシステムを利用されているでしょうが、まだ構築できていない方には、かなり敷居が高く感じてしまうものだと思います。これらを費用もかけずに、日本度環境で構築できたらとお考えのご担当の方も多いのではないでしょうか?

実は、富士通Primergyには、デフォルトでかなりの高機能な運用管理ソフトがバンドルされていることをご存じですか?

サーバ本体に、ServerView SuiteというDVD2枚組がバンドルされています。
これはパッケージソフトで、ServerView Installation Manager(SVIM)とServerView Operations Manager(SVOM)の2つから構成されています。

SVIMは、このソフトを通じてBIOSの設定・RAIDの構成、OSのインストールなどを行いますので、ほとんどのユーザーの方はご利用なさっている事だと思いますが、この時に選択してインストールができるSVOMが、実はかなり高機能な運用管理ソフトです。

運用イメージとしては、下図の感じになります。

複数台のサーバを管理サーバで管理し、更にノートPCなどの端末から操作をする事が可能です。

これによって、社内のシステムを一元管理することができます。

OSはWindowsだけでなく、Linux(SVIMがサポートするRedhat)でもご利用いただけます。

更に、設定も簡単で、マニュアルが豊富に提供されています。

複数台のサーバ利用でなく、1台でご利用されている環境の場合は、SVOMほど高機能ではありませんが、簡易版としてもご利用いただける機能もあります。

既にご購入いただいており、まだご利用いただいていないお客様は、ぜひご検討ください。
ServerView Suiteの2枚組の一方はマニュアルDVDになります。
下記のサイトからも詳細ご覧いただけます。

PRIMERGY サーバ運用管理 ServerView Suite
マニュアル

また、現在サーバご購入をご検討されていて、今後システムの拡張を見込まれているお客様もぜひ、このツールをご検討ください。

富士通サーバ特価即納販売

TX1310 M3 Celeronアウトレット処分 TX1310 M3 Xeonアウトレット処分 TX1320 M3 アウトレット処分 TX1310 M3 HTモデルアウトレット処分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする