iPhoneではBGのアプリを閉じてもバッテリーに影響なし!

アウトレット特別特価

iPhoneを使用していると、アプリを閉じても、バックグラウンドで開いています。

これ、「開きっぱなしにしてれば、その分電力を消費するだろうから、こまめに消しておきましょう」って、私などは思ってしまっておりましたが、この考えは誤りで、バックグラウンドのアプリを閉じてもバッテリーの持ちには影響がないと、Appleが公式に認めたそうです。

ライフハッカー[日本版]の記事によれば、

9to5Macの読者が、AppleのCEOであるTim Cookに「iOSのアプリを頻繁に閉じていますか?バッテリーの寿命を長くするために必要なことなのでしょうか?」というメールを送りました。Cookから返事は来ませんでしたが、かわりにFederighi氏から、「私は閉じたりしていません。バッテリーの寿命には関係ないですよ」という返事が来たそうです。

との事です。
ちなみに、上のFederighi氏とは、AppleのSoftware engineering担当副社長だそうです。

これは驚きですね。
ちなみにバックグラウンドで「動いている」アプリは、

バックグラウンドで動作しているほとんどのアプリは、メモリの中では全く動作していないか、フリーズしているのです。

だ、そうです。

但し、バックグラウンドアプリでも、更新、通知、また位置情報サービスがずっとオンになっているようなアプリは、かなりバッテリーを消費するとの事。

今後は、使い方を考えてみることにします。

9to5Mac

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする