2月のWindows Update

アウトレット特別特価

wupdate

本日、2月10日、マイクロソフトが新規セキュリティ情報を公開しました。
今月は、緊急6件重要7件13件になります。

緊急の6件は下記になります。

  • MS16-009:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3134220)
  • MS16-011:Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3134225)
  • MS16-012:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows PDF ライブラリ用のセキュリティ更新プログラム (3138938)
  • MS16-013:リモートでのコード実行に対処する Windows Journal 用のセキュリティ更新プログラム (3134811)
  • MS16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)
  • MS16-022:Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3135782)

また、下記2件の脆弱性は公開されています。

  • MS16-014:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム (3134228)
  • MS16-015:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226)

今月はゼロデイの脆弱性はありませんでした。

詳細は、下記になります。

セキュリティ情報 ID セキュリティ情報タイトル 最大深刻度 脆弱性の影響 再起動の必要性 影響を受けるソフトウェア
MS16-009 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3134220) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 すべてのサポートされているエディションの Windows 上の Internet Explorer
MS16-011 Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3134225) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Microsoft Windows 10 上の Microsoft Edge
MS16-012 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows PDF ライブラリ用のセキュリティ更新プログラム (3138938) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、および Windows 10
MS16-013 リモートでのコード実行に対処する Windows Journal 用のセキュリティ更新プログラム (3134811) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり Windows Vista, Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008、 Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2012 R2
MS16-014 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム (3134228) 重要 リモートでコードが実行される 要再起動 すべてのサポートされているエディションの Microsoft Window
MS16-015 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3134226) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり Microsoft Office 2007、Office 2010、Office 2013、Office 2013 RT、Office 2016、Office for Mac 2011、Office 2016 for Mac、Office 互換機能パック、Excel Viewer、Word Viewer、SharePoint Server 2007、SharePoint Server 2010、SharePoint Server 2013、Office Web Apps 2010、Office Web Apps 2013、SharePoint Server 2013、および SharePoint Foundation 2013
MS16-016 特権の昇格に対処する WebDAV 用のセキュリティ更新プログラム (3136041) 重要 特権の昇格 再起動が必要な場合あり Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows 10、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、およびWindows Server 2012 R2
MS16-017 特権の昇格に対処するリモート デスクトップ ディスプレイ ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (3134700) 重要 特権の昇格 要再起動 Windows 7、Windows Server 2012、Window 8.1、Windows Server 2012 R2、およびWindows 10
MS16-018 特権の昇格に対処する Windows カーネル モード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (3136082) 重要 特権の昇格 要再起動 すべてのサポートされているエディションの Microsoft Windows
MS16-019 サービス拒否に対処する .NET Framework 用のセキュリティ更新プログラム (3137893) 重要 サービス拒否 再起動が必要な場合あり 影響を受けるリリースの Microsoft Windows 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、Microsoft .NET Framework 3.5.1、Microsoft .NET Framework 4.5.2、Microsoft .NET Framework 4.6、および Microsoft .NET Framework 4.6.1
MS16-020 サービス拒否に対処する Active Directory フェデレーション サービス用のセキュリティ更新プログラム (3134222) 重要 サービス拒否 再起動が必要な場合あり Windows Server 2012 R2
MS16-021 サービス拒否に対処する NPS RADIUS サーバー用のセキュリティ更新プログラム (3133043) 重要 サービス拒否 再起動が必要な場合あり Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、およびWindows Server 2012 R2
MS16-022 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3135782) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows Server 2012、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、 および Windows 10