iPhone6ユーザ要注意!サードパーティ修理で使用不能になる恐れあり。

アウトレット特別特価

touchid

iPhone6で、サードパーティ製のTouch IDを修理した場合、「iOS 9」のアップデートで「エラー53」が表示されて使用不能となるケースが報告されているそうです。

実は、Touch IDセンサーとiPhoneは、1対1でペアリングされているそうです。
このペアリング作業はAppleの正規サービスでのみ可能だそうで、そのため、正規でない修理業者が修理した場合はペアリングの認証に失敗し、その状態でアップデートあを行うと、デバイスをチェックし「エラー53」を出すというもの。

問題は、「エラー53」が表示された場合、修理不能となる場合が多く、結果として買い替えなくてはならないケースが出ているとの事。

今のところ、iPhone6ユーザーに限っての話の様ではありますが、非正規店で修理の経験がある方は、アップグレードの通知が来ても、安易に実行しないで、情報を確認した方が良さそうです。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする