1月のWindows Update

アウトレット特別特価

wupdate

2016年1月13日、マイクロソフトが、月例のセキュリティ情報を公開しました。
今月は、計9件 (緊急 6件、重要 3件)で、新規セキュリティ アドバイザリも3 件となります。

特記事項としては、本日をもって、Windows 8 のサポートが終了となります。
そのため、Windows 8 を使用しているユーザーが引き続きサポートを受けるためには Windows 8.1 へアップグレードする必要があります。

また、Internet Explorerについても、各OSでの最新バージョンのみがサポート対象となるので、要注意です。

なお、今月公開の脆弱性については、ゼロデイはありませんが、公開されたものとしては、

  • MS16-001 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3116180)
  • MS16-004 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
  • MS16-005 リモートでのコード実行に対処する Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (3124584)
  • MS16-007 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム (3124901)

が、挙げられます。

詳細は下記になります。

セキュリティ情報 ID セキュリティ情報タイトル 最大深刻度 脆弱性の影響 再起動の必要性 影響を受けるソフトウェア
MS16-001 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3116180) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 すべてのサポートされているエディションの Windows 上の Internet Explorer
MS16-002 MS16-002 Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3124904) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Microsoft Windows 10 上の Microsoft Edge
MS16-003 リモートでのコード実行に対処する JScript および VBScript 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3125540) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり すべてのサポートされているエディションの Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 の Server Core インストール上の VBScript スクリプト エンジン
MS16-004 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり すべてのサポートされているエディションの Microsoft Office 2007、Office 2010、Office 2013、Office 2013 RT、Office 2016、Office for Mac 2011、Office 2016 for Mac、Office 互換機能パック SP3、Excel Viewer、Word Viewer、SharePoint Server 2013、SharePoint Foundation 2013 および Visual Basic ランタイム 6.0
MS16-005 リモートでのコード実行に対処する Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (3124584) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 すべてのサポートされているエディションの Microsoft Windows
MS16-006 リモートでのコード実行に対処する Silverlight 用のセキュリティ更新プログラム (3126036) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動不要 Microsoft Silverlight 5 および Silverlight 5 Developer Runtime
MS16-007 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム (3124901) 重要 リモートでコードが実行される 要再起動 すべてのサポートされているエディションの Microsoft Windows
MS16-008 特権の昇格に対処する Windows カーネル用のセキュリティ更新プログラム (3124605) 重要 特権の昇格 要再起動 すべてのサポートされているエディションの Microsoft Windows
MS16-010 なりすましに対処する Microsoft Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラム (3124557) 重要 なりすまし 再起動が必要な場合あり すべてのサポートされているエディションの Microsoft Exchange Server 2013 および Microsoft Exchange Server 2016

速やかなアップデートを推奨します。