Windows 10のメジャーアップデート(November Update 1511)の内容

アウトレット特別特価

win10
Windows 10のはじめてのメジャーアップデートが配布されました。

手元での検証では、当日にHomeエディションを積んだタブレットではスタートとなりましたが、Proは対象とはなりませんでした。

自宅のProマシンは11/18に対象の案内が来ましたが、会社のProマシンは11/20現在まだの様です。

メジャーアップデートの内容

ところで、今回のメジャーアップデートはどういう内容だったのかというと

  • 「Cortana」の日本での提供、
  • Microsoft Edgeの機能強化、
  • 日本語フォントの品質向上
  • 日本語IMEのアップデート

あたりのようです。

Windows 10にアップグレードした時、游明朝、游ゴシック、Yu Gothic UIフォントが導入されたのですが、正直ちょっとプアで微妙な感じでしたが、そこが改善されたようです。

また、日本語IMEでは、語彙の拡充し、変換精度を高めたそうで、「Microsoft IMEの設定」→「詳細設定」→「クラウド候補を使用する」をオンにすることで、効果を得られるとの事。

個人的にはCortanaの登場は、とってもトピックスでした。
※関連Cortanaは唄も歌う! ホントでした。

法人向け機能のアップデート

もう一つの目玉として、法人向け機能のアップデートが挙げられており、Proのアップデートが遅れているのは、この影響もあるのでしょうか?

ポイントとしては、

  • Windows Update for Businessを拡張し、管理機能を強化
  • ビジネス向けWindowsストアの開設
  • Windowsデバイスファミリの管理機能、モバイルデバイス管理を強化
  • Azure Active Directory Joinの強化
  • セキュリティ機能の強化

などが挙げられるそうです。