Cortanaがやって来た

アウトレット特別特価

cortana
Windows10のメジャーアップデート(1511)が、いよいよ私のPCにもやって来ました。
タブレットのHomeエディションは、当日に対象となったのですが、Professionalはそのまま無しのつぶてでした。

実はタブレットの方は、元々英語版だったもので、アップデートしたら、英語版に里帰りしてしまいました。
楽しみにしていたCortanaちゃんも、リージョン制限で動かなかったりして、少々残念ではありました。
やはり、日本語対応は、一番最後になるんでしょうか?と思っていましたが…

で、自宅PCは、約1.5時間の格闘の末、無事「1511」になりました。

立ち上げてみると、Cortanaちゃんが動いてくれました。
「始めまして、Cortanaと申します」と出てきたので、設定をすると、「何かお手伝いをすることはありますか?」と聞いてくれました。

話すこともないので、「明日の予定は?」と一応聞いてみると、「明日の予定は特にありません」と、抑揚のない声で答えてくれました。

この機能、去年のWPCでWindows10を紹介した時の目玉の一つだったんですよね。
言語入力による検索だけでなく、コマンドもそこに介するところが驚きでした。
CortanaとSkypeの自動通訳は、PCとか電話とかの新しい使い方や、言語の壁を越えた使い方など未来を感じさせるものでした。

これからに期待します。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする