ファイルサーバなら、低コスト導入が可能なWindows Storage Server

アウトレット特別特価

未だに古いサーバを使い続けるのは危険です

7月15日にWindows Server 2003のサポート終了となりましたが、未だに継続使用をされているサーバが多数あるそうです。

既に大きな脆弱性が公開されており、またそれをターゲットにした攻撃も報告されています。

マイナンバー施工に伴い、情報セキュリティに対する企業の責任と姿勢が問われている今、更なる潜在リスクを抱える事となります。

コストの問題で見送っているケースの改善策

サーバOSのアップデートに伴い、コスト面での課題で見合わせをされているケースで、非常にお得な選択肢を提案いたします。

特に利用用途がファイルサーバに限定している場合、OSをWindows Storage Serverでご検討されると、トータルコストが非常に割安で導入が可能です。

Windows Storage Serverなら、CAL不要です

大きなメリットとしては、Windows サーバの基本性能を継承しながら、CALが不要なこと。

更に、プリインストールですので、すぐに利用が可能な事。

特集のページを作成しましたので、ぜひご覧ください。

Windows Storage Server搭載モデル

Windows Storage Server、商品詳細は、下記よりご覧ください。

Windows Storage Server搭載モデル