ホワイトデーが原因で首をしめられた事件?

アウトレット特別特価

3月14日はホワイトデーでしたね。

私は、不覚にも3/13発行のメルマガにて「3月15日はホワイトデー」なる記載をしてしまい、回りの女性から、大ヒンシュクを買いました。

この「ホワイトデー」なるもの、迷惑な話ではありますが、Wikipediaによると、

一般的にバレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日。日付は3月14日。この習慣は日本で生まれ、中国・台湾・韓国など一部の東アジアでも定着している。欧米ではこういった習慣は見られない。

との事で、まさにガラパゴスイベントなわけですが、Google検索をすると、なんと「公式サイト」なるものを、全国飴菓子工業協同組合さんが作っていたりして、商業臭ぷんぷんなんですよね。

さて、このホワイトデーを巡って、気になるニュース…

朝日新聞デジタルの記事によると、

「ホワイトデーのお返しをくれなかったので腹が立って嫌がらせをした」。そんな理由で夫の首を絞めたとして、大阪府警は16日、堺市南区の自営業の女(43)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。夫は首にけがをしたが、命に別条はないという。妻は「殺すつもりはなかった」と話しているという。

これは、なかなかの事案ですが、警察沙汰になる位なので、相当なものだったのでしょうか?

夫婦喧嘩を越えたレベルだったのでしょうか?

南堺署によると、妻は16日未明、自宅で夫(31)の首をネクタイで絞めて殺害しようとした疑いがある。夫が午前0時35分ごろ、「首を絞められた」と110番通報した。妻は酒に酔っていたという。署員が駆けつけた際、夫は1階のリビングで倒れており、病院に搬送された。

ほぼ全文の引用になってしまいましたが、壮絶なホワイトデーです。

男性のみなさんは、気を付けましょう。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする