サーバ選定のポイント:基本スペックと形状

アウトレット特別特価

前エントリーでサーバ選定のポイントとして、CPU性能を挙げました。
サーバ選定のポイント:CPU性能比較

insideprimergytx100

今回は、それ以外での形状や基本スペックについて記載します。

形状について

タワー型
縦長の床置きタイプ。

ラック型
ラック搭載専用型。省スペース化に優れています。

タワー/ラック兼用型
タワー型/ラックマウント型、両方に対応しています。

ラックマウント1台あたりの占有ユニット数
※1U/2U

CPU

CPUの最大搭載数
※1WAY ⇒ CPUを最大1つ搭載可能
※2WAY ⇒ CPUを最大2つ搭載可能

コア数
1つのCPU内に集積したCPUのコア数

ディスク周り

大きさ
2.5インチ
3.5インチ

規格
SAS HDD
ニアラインSAS HDD
BC-SATA HDD
SATA HDD
SSD
PCIe SSD

ホットプラグ対応
サーバ運用中でも交換が可能なこと。

冗長ファン
ファンの冗長化により、システムを継続して運転させることができます。

冗長電源
電源ユニットの冗長化により、システムダウンを防止します。

リモートサービス機能
サーバハングアップ時の異常通報が可能になります。

これ以外でも、設置場所を左右するものとして、静音性筐体サイズなども挙げられます。

また、LANポートの数やPCI-EXPRESSの規格なども重要となるケースもあります。

更に、OSの種類やアプリケーション・ライセンスなども要検討事項です。

ご使用の目的に応じ、これらをチェックしていくと、ご希望のスペックが固まってくるかもしれません。

当店では、年間8,500台強の販売実績に基づき、最もニーズの高いと思われる構成を、特価にて在庫をしております。

即納・格安での納品が可能ですので、ぜひお問い合わせ下さい。