Windows Server 2008R2 Standardでできる事

アウトレット特別特価

残り、若干数です。
お早目に! WindwosSVR2008R2 STDバンドルキャンペーン

Windows Server 2008R2だからできる事として、Hyper-V機能があります。

以前にもご紹介していると思いますが、何が優れているかというと、この機能を使用することによって、旧マシーンのソフト資産を新たなサーバに構築することが可能となります。

具体的には、リースアップなどでハードを入れ替えるときに、旧OS(Wndows 2000 Serverなど)上に構築したシステムを仮想マシンとして取り込むことにより、Windows Server 2008R2が稼働している物理サーバで動かす事ができるというものです。

ハードの進歩はめざましく、以前のエントリーにてもご紹介しましたが、3年前のサーバと現在のサーバでは、消費電力も約半分位、作業効率はより強化され、しかも価格も安くなっています。

しかし、ハードのリプレイスとともに、ソフト資産も入れ替えるとなると、手間も費用も莫大なものになってしまいます。

これを解決するのが、Hyper-Vです。

近々でリプレイスをお考えの方は、夏に向けて、節電が大きく取り上げられる今だからこそ、この機能を上手に使って、賢くグレードアップはいかがでしょうか?

残りわずかですが、WindowsServer2008R2バンドルキャンペーン対象商品販売しております。標準価格:84,000円のDSP版ソフト(一部OEM版あり)と、最新モデルのハードをセットにして、ハード単体の価格よりもお安く(最大80%引き)にて提供中です。

WindowsServer付属モデル

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする