Xeon E3-1220v2とE3-1230v2の違いは?

アウトレット特別特価

当店のサーバ(特にPRIMERGY TX100 S3)で、同じスペックの様に見えて、価格が異なる構成があるとのご質問をいただく事がありました。

実はCPUが違っていて、同じXeonでもE3-1220v2E3-1230v2と違ったCPUを使用しているためでした。

しかし、これって、間違い探しの様で、なかなか分かりづらいですね。
(何とか工夫をします)

ついでと言っては何ですが、E3-1220v2とE3-1230v2はどこが違うのか?
という質問を頂いたこともあるので、この際備忘録替わりに…

まず、両者のスペックを比較すると…

E3-1220 v2

(8M Cache, 3.10 GHz)

E3-1230 v2

(8M Cache, 3.30 GHz)

スマート・キャッシュ 8 MB 8 MB
DMI 5 GT/s 5 GT/s
命令セット 64-bit 64-bit
命令セット拡張 AVX, SSE4.1,SSE4.2 AVX, SSE4.1,SSE4.2
組込み機器向けオプションの提供 No No
リソグラフィー 22 nm 22 nm
コアの数 4 4
スレッド数 4 8
プロセッサー・ベース動作周波数 3.1 GHz 3.3 GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.5 GHz 3.7 GHz
TDP 69 W 69 W
最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存) 32 GB 32 GB
メモリーの種類 DDR3-1333/1600 DDR3-1333/1600
メモリーチャネル数 2 2
最大メモリー帯域幅 25.6 GB/s 25.6 GB/s
ECC メモリー対応 Yes Yes
ターボ・ブースト・テクノロジー 2 2
vPro テクノロジー Yes Yes
ハイパースレッディング・テクノロジー No Yes
バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) Yes Yes
ダイレクト I/O 向けバーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d) Yes Yes
VT-x 拡張ページテーブル (EPT) Yes Yes
インテルTSX-NI No No
インテル64 Yes Yes
アイドルステート Yes Yes
拡張版 Intel SpeedStepR テクノロジー Yes Yes
デマンド・ベース・スイッチング Yes Yes
サーマル・モニタリング・テクノロジー Yes Yes
ファスト・メモリーアクセス Yes Yes
フレックス・メモリー・アクセス Yes Yes
アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー Yes Yes
AES-NI Yes Yes
トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー Yes Yes
エグゼキュート・ディスエーブル・ビット Yes Yes

となっていて、基本的に同じに見えますが、スレッド数・ハイパースレッド対応か否か、そしてそこから生じるターボ・ブースト利用時の最大周波数の違いとなります。

微妙ですので、CPU BOSSの比較データも載せておきます。
1220vs1230-1

まず、総合点で見ると、E3-1220v2が7.6点、E3-1230v2が8.2点です。
1220vs1230-2

この違いは、ハイパースレッディングによるパフォーマンスの違いに起因するようで、E3-1220v2の7.6に対して、E3-1230v2は8.4と0.8ポイント上回っています。

例えばアプリケーションやHyper-Vなど、CPUに依存するような処理を考えているような場合は、E3-1230v2にすると良いかも知れません。

逆にファイルサーバなどを想定されている場合は、大きな違いが無いので、価格から見てE3-1220v2が良いかも知れません。

ご参考までに!

当店では、PRIMERGY TX100 S3を在庫特価で即納対応です。

最新はTX1310 M1ですが、パフォーマンス・仕様もほとんど変わらないで、なおかつコストパフォーマンスに優れているので、おすすめです。

昨今の急激な円安も含め、部材価格高騰により、メーカーも新製品の仕切りを上げざるを得ないので、このモデルの価値が上がっています。

ベーシックなタワーサーバ、業務に耐えるXeonモデルをぜひご覧ください。

TX100シリーズ(タワーサーバ)

TX1310 M3 Celeronアウトレット処分 TX1310 M3 Xeonアウトレット処分 TX1320 M3 アウトレット処分 TX1310 M3 HTモデルアウトレット処分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする