11月のWindows Updateは早めに対応を

アウトレット特別特価

software-update-urgent昨日公開されたWindows Updateですが、ITmediaの記事によると、このうち、WindowsへのSSL/TLS実装に使われている「セキュアチャネル」(Schannel)の脆弱性を修正した更新プログラム(MS14-066)に関しては、早めの対策が必要との事です。

Schannelの脆弱性を悪用された場合、攻撃者が細工を施したパケットをサーバに送信することによって、任意のコードを実行される恐れがあるそうです。
この問題はMicrosoft社内で発見され、11日に情報を公開した時点で攻撃の発生は確認されていないとの事。

この脆弱性に関して、専門家からは、1週間程度で利用をした攻撃が行われる潜在的な危険性もあるとの指摘が出ているそうです。

この脆弱性に関する情報は、下記になります。
マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-066

まだの方は、早めに対策を!