『円安関連倒産』が増えているというニュース

アウトレット特別特価

気になるニュースより…

帝国データバンクが11日に発表した「円安関連倒産」の動向調査結果によると、2014年10月の円安関連倒産は39件となり、2013年1月以降で最多を記録したとの事。マイナビニュース

2014年1~10月の円安関連倒産の累計は259件で、前年同期(92件)に比べて181.5%の大幅増加だそうです。

グラフはマイナビより

報道では、好景気を印象付ける表現が継続していますが、実際は我々を含め、皆さん厳しい商売を頑張っているのが現状な様です。

これで消費税増税って??? どうなっちゃうんでしょう?

10月統計の業種別では、

  • 「製造業」11件(構成比28.2%)で内訳としては食料品・飼料関係が多かったそうです。
  • 「運輸・通信業」が8件(同20.5%)
  • 「卸売業」が7件(同17.9%)
  • 「小売業」が6件(同15.4%)

だそうです。

これは、円安で原価高騰に加え、既に消費税8%に上がって、消費がストップしたWパンチの結果であるのは明白でしょう。
記事によると

帝国データバンクは「さらなる円安は、ギリギリの経営を続ける中小・零細企業にとって致命傷になりかねない。『円安関連倒産』は当面、増加基調をたどる可能性が高く、関連倒産の発生が本格化するのはむしろこれからだ」と分析している。

との事。
我々は毎日頑張っているつもりですが、何とかならないんでしょうか?

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする