iPhone・iPadの無料版Officeで出来る事、出来ないこと

アウトレット特別特価

officer_mobile
やっと、日本国内でもiPhone、iPadで使える無料Officeのアプリがリリースされました。

早速iPhone版をインストールをしましたが、まだ使用の機会がありません。

現在はWindowsタブレットを使用していますが、それまではiPadが多かったです。
この時の大きなストレスとして、メール添付のWordやExcelファイルを開いた時、レイアウト崩れなどで、きちんと読み込めない事でした。

結果iPadでExcelファイルを見るときには、PDFに落としてからという面倒なひと手間が必要でしたが、これが不要になるのは素晴らしいですね。

ところで、無料版にはアドオンとしてOffie 365 Soloの購入が案内されます。
このアドオンを購入する事で「プレミアム機能」の利用が可能になります。

実際、どのような機能が「プレミアム機能」なのか、換言すると、無料版の限界はどこまでなのか、気になりますね。

ITmedia エンタープライズに記事が出ていましたので、参照します。

Wordのプレミアム機能

  • セクション区切りの追加
  • 段組み
  • ヘッダーとフッターの別指定
  • 印刷の向きの変更
  • 変更履歴の記録
  • ユーザー設定の色
  • WordArtの追加・編集
  • 画像への「影付き」「反射」の追加
  • グラフの追加・編集
  • 表組みのカラムの塗りつぶし

これで見ると、基本的な文章データの入力・修正、閲覧であれば大丈夫そうですね。

Excelのプレミアム機能

  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトのカスタマイズ
  • ユーザー設定の色
  • WordArtの追加・編集
  • 画像への「影付き」「反射」の追加
  • グラフの追加・編集

ピポットテーブルを使った分析やプレゼン資料の作成にはプレミアム機能が必要そうです。

PowerPointのプレミアム機能

  • プレゼン中のスピーカーノートの参照
  • ユーザー設定の色
  • WordArtの追加・編集
  • 画像への「影付き」「反射」の追加
  • グラフの追加・編集
  • 表組みのカラムの塗りつぶし

こちらは、閲覧面では問題ないですが、作成編ではベタ入力に限定されそうです。
ただし、文章の修正はOKですね。

成程、ワードやエクセルでは、閲覧からベーシックな編集まで出来そうです。
パワポのヘビーユーザーであれば、早めにプレミアム機能を検討するのも良いと思います。

なお、Offie 365 Soloには、上記のプレミアム機能のほか、OneDriveで1TBのストレージ利用とSkypeから固定電話への毎月60分の通話も含まれるとの事です。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする