Flashbackの目的は?

アウトレット特別特価

Macユーザーを震撼させたマルウェアFlashbackですが、その目的は広告クリックを乗っ取って不正収入を得る事だったそうです。

Macが感染したWebサイトにアクセスすると、悪意のあるWebサイトにリダイレクトされ、上記のぜい弱性を利用してOSX.Flashback.Kコンポーネントをインストールする。その後、ローダーと「広告クリック処理コンポーネント」をダウンロードさせるという。シマンテックがこのコンポーネントを解析した結果、Chrome、Firefox、Safariにロードされた「広告クリック処理コンポーネント」は、Googleに対する特定の検索クエリを標的にしてユーザーをほかのページにリダイレクトし、そのページからクリック報酬を受け取る仕組みだと説明している(この乗っ取りによって、本来Googleが得るはずだった収益の一部はサイバー犯罪者の手に渡る)。ITmedia +D PC USER

その金額は、シマンテックによると、「1日あたり1万ドル以上に及ぶ」との事。

一番の被害者はGoogleだったようです。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする