Windows Server 2003移行、サーバOSだから注意する事

アウトレット特別特価

Windows Server 2003のサポートが、2015年7月15日に終了します。

本ブログでも繰り返しお伝えしておりますが、サーバOSのリプレイスには時間がかかります。

先のWindows XPマイグレーションの折、先行しての報道などで、対応を迫られたと思いますが、PCのOSとサーバOSではリプレイスの手順が異なります。

PCの移行作業としては、

  • 移行計画
  • 予算確保
  • 発注
  • 導入・入替

の4段階で、済みます。
極端な話、発注分の在庫が確保できていれば、後はセットアップ作業となり、中規模以上で、セットアップを外注している場合などは、キッティングの業者さんが大混雑していたこともあり、早めのアクションを強いられましたが、少数規模の事業所の場合には、さほどの時間はかかりませんでした。

ところがサーバOSは、その性質上、

  • 業務に関わる機密情報を取り扱う事
  • データの移行作業
  • 本番環境で業務に支障が無いように備える必要性

などが発生し、パソコンにはない煩雑な作業を強いられます。

具体的には、

  • 移行計画
  • 予算確保
  • 発注
  • 構築・導入
  • 動作確認
  • パイロット
  • 予備期間

が、必要とされ、先のPCの移行手順と比較すると

  • 構築・導入
  • 動作確認
  • パイロット

のプロセスを必要とします。

このため、PCの入替えは必要期間として6か月が一つの目安でしたが、サーバOSの場合には最大1年、早くても数か月の猶予が必要とされます。
また、独自の基幹システムなどソフトの作り込みをしている企業様は、更に時間が必要となります。

この期間に余裕が無ければ、社内のIT担当にそのしわ寄せが来ることとなります。

業務の基幹になるデータを取り扱うからこそ、サーバの停止は会社の営業に関わり、そのため、本稼働時に動いていて当たり前の状態にする必要があります。

サポートの終了は待ったなしです!

本体の入替え以外にも、仮想化によるサーバ集約など、当店ではお客様のご要望にお応えします。

お気軽にご相談ください。

Windows Server 2003サービス終了