Windows Server 2003対策 |サーバ入替の大きなメリット

アウトレット特別特価

最近では、ネットでも目にする機会が増えましたが、2015年の7/15に、Windows Server 2003およびWindows Server 2003R2のサポートが終了(EOS)します。

当店では、この件に関して、下記のご案内をしております。
Windows Server 2003サービス終了対策

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の案内に記載の通り、サポート終了のサーバOSを継続使用する事は、非常に危険です。

リスクについては、上記リンク先をご確認いただくとして、今回は新しいサーバに移行するメリットを考えてみたいと思います。

最新のセキュリティ

EOS後の更新されないOSを使用するには大きなリスクが伴いますが、それとは別個で、最新のOSはOSに組み込まれた数々のセキュリティ機能で標準設定で使っていても安心です。更に定期的な更新プログラムで脆弱性や不具合があっても自動的に修正が可能です。
最新ハードウェアでパワーアップ
2003導入の時期と比較して、サーバハードウェアはCPUを含め飛躍的な性能向上があった一方で、低価格化が進みました。
業務の拡大にも耐えるパワフルな処理性能をリーズナブルな価格で導入する事が可能です。
時代にニーズに合った優れた省電力性能で、電力コストの削減にも大きく寄与します。

さらに、Windows Server 2012R2なら

ストレージの強化(記憶域スペース)

ストレージをまとめて大容量の記憶域を構成可能。
Windows Server 2012R2の「記憶域スペース」の機能を使えば、容量や接続方式など、異なる種類のハードディスクを一つの仮想的なボリュームとして扱える上、サーバのストレージ容量が足りなくなっても、後から手軽に拡張することができます。

ファイルを自動で分類・整理(ファイル分類管理・データ重複除去)

ファイル整理もサーバにお任せ
Windows Server 2012R2ならファイルの分類に余計な手間がかかりません。「社外秘」と書かれた文書を自動的に特定のフォルダーに格納したり、重複するデータを自動的に探し出してディスク容量を節約できます。

フォルダーを自動で同期する(ワークフォルダー)

サーバ上のフォルダーをWindows 8.1搭載のクライアントと自動的に同期します。

機密データであることを自動通知する(アクセス拒否アシスタンス)

機密情報にユーザーがアクセスしたときに、カスタマイズしたメッセージを表示します。

高速なファイル転送プロトコル(SMB3.02)

Windows 8.1との組み合わせで、より高速にファイルのやり取りが可能に。

サーバがもっと便利に(Essentials機能)

クライアントの自動バックアップやリモートWEBアクセス、ステータス監視などの機能が利用できます。


様々な機能が強化されたWindows Server 2012R2。
当店では、今お得なバンドルキャンペーンを実施しています

入替の準備はお早目に!
また、技術スタッフもおりますので、仮想化導入などの案件ご相談も承ります。