スケールアウトで処理能力アップを!

アウトレット特別特価

スケールアウトとは、接続されたサーバの台数を増やして処理能力を向上させる方法を言います。

具体的には、「ウェブサーバファームとして使用されているラックマウントサーバ群に物理的にサーバを追加する」事などでしょうか。
仮想化技術を使って、ひとつの筐体内で仮想的に複数サーバを構築し、スケールアウトと同等の効果を得る事もあります。

スケールアウトは、ウェブサーバのように、多数の処理を同時並行的に行わなければならないケースに威力を発揮します。

このケースでは、ネットワークから送られてくる、比較的単純でステートレス(リードオンリー)な多数の要求を同時並行的に処理します。
そのような場合、ブレードサーバや1Uサーバなどをラッキングして、多数稼動させる方式が採られる事が多いです。

特にデータセンターなどで良く見られます。

スケールアウトの魅力は、低コストで対応が可能な事です。

なぜなら、高性能のサーバではなく、ローコストの小規模サーバを多数組み合わせるからです。

ただし、スケールアウトが不向きな処理もあります。
一般に、データベースサーバ機能にはスケールアウトは不向きで、スケールアップ(サーバ本体のグレードアップ)が推奨されます。

スケールアウトに向く機種は、
①少ない場所になるべく多くラッキングできるコンパクトな機種
②1ラックになるべく多く積めるような低電力
③低価格

このあたりになるでしょうか。

当店おすすめは、こちら。

富士通 PRIMERGY RX100 S6

  • Xeon X3430搭載
  • 1Uのコンパクトな筐体
  • 24dBの超静音
  • 45Wの低消費電力(アイドル時)

そして、限定処分ですが、標準価格237,800円のところ、29,800円(税込)での大特価!
大きなアドバンテージになります。

PRIMERGY RX100 S6 数量限定会員特価.

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする