ファイルサーバ機能だけなら、NASもおすすめです。

アウトレット特別特価

PC1台での業務であれば、外部ストレージは外付けHDDで十分だと思います。

しかし、PCやワークステーションなど、複数のクライアントで、複数の人の作業に対応させようとすると、データを個別のクライアント固有で保管するのは、まったく非生産的です。

なぜなら、情報の共有が行えないことと、複数人による共同作業が行えないからです。
さらに、クライアントPCに事故があった場合、データは永遠になくなってしまいます。

つまり、業務の成果が消えてしまうという危険性があります。

一般の企業では、この対策のために、ファイルサーバを建てているケースが多いです。

しかし、サーバの用途が上記のファイルサーバに限定される小規模なオフィスや部門内であれば、NASも非常に効果的であるといえます。

何より、用途を限定していることにより、簡略化されており、扱いやすく、コストも抑えめでしょう。

NASとはネットワークアタッチトストレージの略で、ネットワークに直接接続し、コンピュータなどからネットワークを通じてアクセスできる外部記憶装置(ストレージ)の事をいいます。

日本国内では、バッファロー社のTerastationが古くから販売され、国内のトップシェアをとっています。

しかし、最近では、海外から、より高機能で、より扱いやすく、よりメンテナンスが楽で、より維持経費が安い製品が沢山入ってくるようになりました。

当店では、ワールドワイドのNAS市場でのメインストリームとなっている各メーカーの製品を取り扱っております。

主な取扱いメーカーは下記です。

NASについて、より詳しくお知りになりたい方は、下記のページからどうぞ!

NAS(ネットワークアタッチトストレージ)を導入してみましょう