世界最速プリンターがやって来た!

アウトレット特別特価

「単一機能プリンターとして、世界最速を誇るハイスピードモデル」HP Officejet Pro X551dwがオフィスにやって来ました。

ビジネスユースのカラープリンターとしては、レーザープリンターが一般的ですが、このOfficejet Pro X551dwは、インクジェットでも、スピード・コストともに優位性のある最先端モデルです。

今回、日本HP様のご厚意により、試用することとなりました。

カタログ上のスペックは

印刷スピードはA4カラー・モノクロともに、42-70枚/分
(それぞれISO標準設定、一般オフィス設定での計測値)

と、文字通り早いです。

しかも、無線LAN(802.11b/g/n)「HP ePrint対応なので、無線LAN環境が整っていれば、面倒な配線は不要。

早速ですが、印字の様子を動画で撮影してみました。

早いです!
PDFを一枚ずつプリントしたのですが、排出される様子は、インクジェットを超えていますね。

しかも、一般コピー紙でも十分きれいなクオリティ。
カラーがドキュメントに映えます。

写真などの場合には専用用紙の方がクオリティは高いです。

見ていると、インクの吹き付け方式が違うようです。

もう一つの特徴が販売方式です。

通常、プリンターの場合には、リースまたは販売が一般的だと思います。
リースの場合には、これに保守契約+トナーの交換費用などがかかったり、枚数に応じたカウンター方式での費用がかかります。

今までのインクジェット式は、一般消費者向けがほとんどで、本体を購入したら、あとはインクが無くなれば補充で購入というのが一般的ですが、このモデルは特殊です。

新サービス「インク定額パック」というサービスが販売されています。

契約期間中のインク補充を1年~3年の定額パックとして、提供。

メーカー試算だと、月間2000-2500枚プリントをしている企業であれば、ランニングコストが削減できる様です。
印刷枚数の多いヘビーユーザーには朗報ですね。

カウンター方式で、カラーを控えてきた会社様でも、これからはインパクトのあるドキュメントが出し放題です。

しかも、賢いのは、インクが少なくなると、本体からE-Mailアラートを発して、対応してもらうことも可能という、面倒な手続きなしでの補充もできるようです。

近日中にPGダイレクトにてアップを予定しておりますので、ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする