パーツの値上がり進行中!メモリーの価格は?

アウトレット特別特価

memory
AKIBA PC Hotline!の記事によると、

昨年11月頃からの円安がついにPCパーツにも影響、様々なPCパーツが値上がりしてきた。
在庫の回転が速いCPUやメモリ、HDDなどは特にその影響が大きい

との事。

実際、昨年の終盤あたりから、メーカーさんから価格上昇の情報をいただいておりましたが、年始の特価も終わって、店頭売価も影響が出ているようです。

皆さんも気になるであろう、メモリーですが、こちらも12月ごろから店頭売価が上がってきています。

直近での予測を色々と伺ってみると、

  1. XP乗換による法人ターゲットのPC入れ替え需要に伴い、出荷量大幅アップ
  2. SKハイニックスの中国工場火災の影響による生産減が続いている
  3. 旧正月(2014年は1月31日)前の駆け込み需要

などの影響で、部材DRAMが不足しているため、現在も上昇傾向の様です。

従来であれば、旧正月明けには、需給のバランスも取れ、価格も一段落という流れになるようですが、本年は「アベノミクス」円安の影響もあり、高止まりになりそうとの予測が多かったです。

HDDなどについても同様で、パーツの価格上昇を受けて、国内メーカー製のサーバ製品およびPC製品も価格上昇の傾向となっていますので、手配はお早目が吉です。

メモリ取り扱い製品一覧

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする