WindowsServer2003のサポート終了の準備できていますか?

アウトレット特別特価

Windows Server 2003およびWindows Server 2003 R2の延長サポートが2015年7月14日を以て終了します。

詳しくはこちら、Windows Server各エディションのサポート期限の一覧をご覧ください。

巷ではXPについて騒がれていますが、サーバOSのサポート終了も非常に大変な問題です。

2013年とはいえ、今は師走で直に2014年となりますので、残すところ今から約1年半あまり。

検証期間やハード選定などを考えると、実質は1年を切っていると思った方が適切です。
ご存知のように、2015年本格導入の「*マイナンバー制」に向けて、特に基幹システム関連での見直しが2014年の後半より顕著になるだろうとのマーケット予測もあり、ハードおよびシステム構築の特需が期待され、SEの不足が懸念されています。

mynumber_schedule(資料出典:番号制度導入に係る総務省の取組について/総務省)

更に、消費増税の駆け込み需要も踏まえると、早期着手が望まれます。

まずは予算化を!

Windows Server 2003のサポート終了対策のスケジュール感をチャートにすると下記の様になります。

2003schedule

Windows Server 2003時代に比べると、ハードの性能も格段にアップしており、更に価格も安くなっています。

仮想化の技術を生かしながら、現在ご使用の基幹アプリケーションの延命をはかることも可能です。
専門の技術者がいる、当店にぜひご相談ください。

*マイナンバー制
国民一人ひとりに固有の番号を割り当てて、徴税と社会保障給付に活用する「共通番号(マイナンバー)制度」。

当店では、P2V構築のご相談を承っております。
また、限定にてWindows Server 2012R2をバンドル特価にてお求めいただけます

WindowsServer2012R2バンドルセール