Windows Server 2012 R2の新機能 | 記憶域プールとストレージデータの重複除去

アウトレット特別特価

Windows Server 2012 R2では、ストレージ分野で大きな改善がありました。

Windows Server 2012 R2の新機能を生かして、業界標準のハードウェアで、エンタープライズ グレードの機能、パフォーマンス、可用性、そして管理性を兼ね備えたストレージ ソリューションを低コストで構築が可能です。

本エントリーでは、そのうち、ストレージの仮想化(記憶域プール)とストレージデータの重複除去について記します。
2012r2-7

記憶域プールとは、Windows Server 2012 に初めて実装されたディスク リソースのプール化機能です。種類や容量の異なる複数の物理ディスクをまとめてプール化することができ、そのプールから領域を切り出して、仮想ディスク (仮想マシンの VHD や VHDX とは異なります) を作成できます。
2012r2-82012r2-9
仮想ディスクはミラーまたはパリティ (シングル パリティ) のディスク レイアウトを構成することで可用性を高めることができ、シン プロビジョニングやデータ重複除去に対応しています。また、プールにはいつでも新しい物理ディスクを追加して容量を拡張でき、障害に備えてホット スペア用のディスクを確保しておくこともできます。

Windows Server 2012 R2は当店にてご購入可能です。
現在、Windows Server 2012 R2のDSP版ととサーバ本体をセットにしたお得なバンドルモデルをキャンペーン特価にて提供中です。