ブルースは私も好きです…

アウトレット特別特価

流石は、セルゲイ・ブリン氏。
思い切り方が半端じゃありません。

Googleの共同ファウンダー、Sergey Brinが「あと1年かそこいら」で引退し、ブルースギターを集中的に学ぶ意向を示した。(TechCrunch Japan)

ブルースは私も大好きですが、かなりの傾倒ぶりの様です。

Brinは、エリック・クラプトン(パロアルト公園で行われた3回のレッスン費として4万ドルが支払われた)、キース・リチャード、ラルフ・マッチオら、数多くのメジャーなプレーヤーからブルースギターを習ったことがある。

「彼はベルトにアンプ用の小さなクリップを付けているんだ。バッテリーで動く小さなやつね。一日中殆どの間彼の腰についている。前はそこにBlackberryを付けていたけど」

ちなみに、お気に入りはストラトとの事です。
しかも、

Google/NASAの共同プロジェクトを率いて、ロバート・ジョンソンのクロスロードを探究し、南部の各州を巡るGoogleの自動運転カーに小型の高感度マイクを装着し、小さなレストランや飲み屋で演奏されている「本物の」音楽の断片を録音しようとしたこともある。

というから、ビックリです。

このプロジェクト、ぜひ成功してほしかったです。

しかし、我々常人には思いもつかないダイナミックさは、羨ましいですね。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする