Windows UPDATEが繰り返し現れる件について(2013年9月)

アウトレット特別特価

wupdate

先週末、PCが重くって何だろうと調べてみると、Windows UPDATEが動いており、インストールを要求してました。
素直に従ったのですが、また2時間ほどすると同様の現象に。
これも素直に従ったのですが、これまた2時間ほどで同じ現象。

何だろうと調べてみると、「Office 2013の不具合の修正などを行う更新プログラム」がうまくインストールされておらず、繰り返されるという内容でした。

Microsoftのサポートサイトを確認すると、月例セキュリティ情報として公開した「MS13-072」「MS13-073」のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)について、修正パッチのインストール後も、繰り返しインストールを求められる現象が報告されているという内容が。

とりあえず静観すると、9/14付けで、
本問題の修正が完了しました。修正は、インストールが必要なセキュリティ更新プログラムを検出するロジックのみを修正しており、セキュリティ更新プログラム自体への変更はありません。?すでに一度セキュリティ更新プログラムをインストールしたお客様においては、追加で必要な作業はありません。
とのアップデートがありました。

念のために、Windows UPDATEを立ち上げると「更新の必要はありません」の表示が。

と、いうわけで、同様の事例にお悩みだった方は、要チェック。

ちなみに今回のアップデートは、「KB2817630」で、Office 2013の不具合の修正などを行う更新プログラムですが、他に報告されている事例としては、Outlook のフォルダペーンが表示されなくなるなどの不具合もあったそうです。

原因としては、8月に公開した「KB2817347」と、「KB2817630」のどちらか一方のみを適用した場合に、「outlook.exe」と「mso.dll」のバージョンが食い違うことではないかとの事でした。

日本のセキュリティチーム-TechNet Blogs