HP ProLiant MicroServer Gen8 販売開始

アウトレット特別特価

メロン箱大のサーバとして人気のMicroServerの新機種(HP ProLiant MicroServer Gen8)が発売開始となっています。

以前のProLiant G7では、シリーズのエントリーモデルとして、タワー型ML110がラインナップされていましたが、G8からは、このモデルは収束となりました。

それまでは、同じProLiantシリーズの中にあっても、独自のポジションで支持されてきましたが、G8からはエントリーモデルとして紹介されています。

以前の機種と大きく異なる点は、

  • ケースデザインの大幅変更
  • CPUがAMDからintelベースに変更(Celeron GT1610TとPentium G2020T)
  • iLO4搭載

の3点になります。

CPUの変更は、以前の機種に比べてパフォーマンスの向上が期待できますが、価格は定価ベースで倍程度となってしまうのが難点です。

また、iLO4の搭載により、リモート管理や電源管理機能だけでなく、運用ライフサイクル全般にわたって、自動化が可能となります。
標準で、ヘルスチェック、WebベースのGUIなどの機能が利用でき、オプションで別途ライセンス(Essentials:14,700円、Advanced:56,700円)購入で、リモートコンソールやEメールアラートなどの機能が利用可能となります。

但し、iLO4の機能を利用する場合には、メモリ・HDDなどのオプション類もHP純正を使用する必要があると思われますので、トータルで見た時には、当店で通常のXeon搭載タイプのエントリーサーバをご購入いただくのと同じかそれ以上になってしまうところが、最大の難点でしょうか?

近日中に実機およびスペックについて、メーカーから情報を仕入れてくるので、再度アップいたします。

新しいMicroServerのページは下からご覧ください。
HP ProLiant MicroServer Gen8 Celeron G1610T ディスクレスモデル 712317-291

なお、新機種G8登場で、個人やSOHOで手軽に導入できる機種として、旧モデルの人気が上がっています。

こちらは、当店ならではの特価にて、爆安販売中です。
在庫限りとなるので、ご検討の方はお早目にご覧ください。
MicroServer特価セール
MicroServer特価セール