Twitterのタイムラインが表示されなくなっている場合

アウトレット特別特価

ここしばらく、Twitterのタイムラインが、トップページに表示されていないなあと思っておりましたが、Javaのアップデートやら、ファイアーウォール関連やらで、影響しているのかと放置しておりましたら、実は3月でウィジェットが更新されていたのですね。

TwitterのAPIが新しくなっており、その関連で切り替わっていたそうです。

2月に公式ブログでアナウンスされていたんですね。
恥ずかしながら知りませんでした。

と、いうわけで、他にも同じような人がいるかも知れないので、備忘録程度に情報を!

旧タイムラインは「 Join the conversation ウィジェット」の名称でしたが、新しいタイムラインの名称は、「埋め込みタイムライン」となったそうです。

このエントリーで情報が不足の場合には、「埋め込みタイムライン」でググってください。

「埋め込みタイムライン」はTwitterアカウントのウェジェット設定ページより作成します。

方法は、こちら公式サイトに詳しく書かれていますが簡単に説明。

timelinetwitt

1.管理画面右上の「歯車」アイコンをクリックして「設定」を選択。
2.左メニューバー下の「ウィジェット」を選択。

この辺りまでは私もたどり着けたのですが….

3.ここで「新規作成」を選んで「タイムラインソースを選択」よりお好みのタブを選び設定を行うと、ソースが作成されるので、これをウェブに貼り付け。

と、簡単です。

ちなみに、上記の公式サイトより、詳しい設定方法も記載されています。

やっつけ仕事ですが、表記回復しました。

PGダイレクト

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする