国内サーバ市場は堅調(2011年)

アウトレット特別特価

IT専門調査会社のIDC Japanは3月7日、2011年通年の国内サーバ市場動向を発表した。2011年の国内サーバ市場規模は、前年から4.1%増加して4,691億円。また、出荷台数は、前年から12.5%増加して62万台となった。
出典:コンピューターワールド

昨年は、3月の震災やタイの洪水などマイナス環境が大きかったですが、出荷額・出荷台数ともに前年を上回る結果となったようです。

ベンダー別では、富士通が5年連続で首位を獲得。RISCサーバとビジネスサーバが好調だった。RISCサーバは、「京」が大きく貢献。2位は前年に続きIBMで、2年連続のプラス成長。以下、ヒューレット・パッカード(HP)、NEC、日立製作所の順になっている。

出荷台数においても富士通が1位を獲得。こちらでも2011年に7万8,000ノードを出荷した「京」が大きく貢献した。2位は前年1位のNECで、以下、HP、デル、IBMの順となった。

PGダイレクト

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする