大盛メモリーサーバ特集

アウトレット特別特価

最近は、中堅のお客様も、VMWareなどを用いた仮想化を導入されるケースが増えています。

仮想化とは、1台の物理サーバに複数台のサーバのリソースを集約する事で、これにより物理サーバの台数を減らし、ハードの費用や電気代などの維持費用を削減するとともに、運用を簡易化し、設置スペースを削減するなど、多くのメリットもあります。
また、CPUパワーを無駄なく使用する事が可能になります。

また、Windows Server 2012で機能が大幅に強化されたHyper-Vも有力視されています。

但し、絶対的に必要となるのがメモリー拡張です。

複数台のリソースを1台に集約するのですから「テンコ盛り」にする必要があります。

当店でも、テスト検証用としてエントリータイプをご利用になるお客様、実際の運用にミドルレンジサーバをご検討されるお客様が増えています。

そこで、「大盛メモリカスタマイズシリーズ」をご提案いたします。

特に、RX200S7などの2CPUモデルは、ないしょの爆安特価!
台数は限定ですので、お早目にご覧ください。

大盛メモリーサーバ特集