Active Directoryの強化 | Windows Server 2012の注目機能

アウトレット特別特価

Windows Server 2012の大きな特長の一つとして、Active Directory設定の容易化が挙げられます。これによって、従来複雑であったユーザ管理がGUI環境で行えるなど、非常に柔軟になりました。

ドメインコントローラーの仮想化

Windows Server 2012のActive Directoryドメインサービスは、仮想化対応が強化され、スナップショットの適用やバックアップからの仮想化マシンの復元でも、USNロールバック問題が自動で回避されます。
この機能は、Windows Server 2012のHyper-Vが提供する「生成ID」を、Windows Server 2012のドメインコントローラーがチェックすることで実現されています。

Active Directoryドメインサービスの仮想化対応の強化として、もう一つドメインコントローラーの「クローン展開」の機能があります。

この機能は、ドメインコントローラーを実行する仮想マシンの仮想HDDのコピーを使用して、追加のドメインコントローラーを展開する機能になります。
メインコントローラーのインストールをスクリプト化したり、OSイメージを「Sysprep」で汎用化したりする必要がなく、構成パラメーターを記述したXMLファイルを読み込ませることで、仮想HDDのコピーから、新しいドメインコントローラーを自動展開する事ができます。

Active Directory管理センター

「Active Directory管理センター」は、Windows Server 2008R2で初めて提供された、Windows Power Shell上に構築されたActive Directoryのための統合管理コンソールです。
Active Directoryの管理には「Active Directoryドメインと信頼関係」など、複数のスナップインを使用しますが、Active Directory管理センターは、これら従来のスナップインを横断した管理機能を提供します。

Active Directory管理センターで実行した管理操作は、Windows Power Shellに翻訳され実行されます。

Windows Server 2012のActive Directory管理センターでは、Windows Power Shellの実行履歴を参照できるため、管理タスクのスクリプト化や次効果に活用できます。
また、「Active Directoryごみ箱」や「細かな設定が可能なパスワードポリシー」など、これまで構成や管理が複雑だった機能が、GUIで提供されています。

●数量限定の協賛特価キャンペーン実施中
WindowsServer2012発売記念キャンペーン
WindowsServer2008R2バンドルキャンペーン

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする