Linuxに新手のマルウェア出現

アウトレット特別特価

ITmedia エンタープライズの記事によると、Linuxを狙った新手のrootkitが発見されたとの事。
Webサイトを閲覧しただけで感染させる「ドライブバイダウンロード」の機能も有しており、悪用されればLinuxでホスティングされている、Webサイトを通じての二次感染の恐れもあるとの事です。

このマルウェアについての情報は、セキュリティメーリングリストに11月13日に投稿された。それを分析したKaspersky Labの19日のブログによると、このマルウェアは64ビットのLinuxを標的としたrootkitで、高度な技術を使って身を隠す機能を実装しているほか、攻撃を受けたHTTPサーバ上でホスティングされているWebサイトに不正なiFrameを挿入し、悪質なサイトにトラフィックを誘導する機能を持っていることが分かった。この機能はドライブバイダウンロード攻撃に使われる恐れもあるという。

ターゲットは64ビットのLinuxだそうです。
マルウェア自体は、まだ開発段階であろうという事ですが、出回らないと良いですが。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする