フィッシングから身を守るには?

お買得商品

フィッシング関連の気になるニュース2件...

ネットバンク偽画面、200万円不正送金される(朝日新聞)
先日記載したネットバンキングのフィッシングによるものと思われる実被害が報告されました。
10/29に起こったとの事。
こちらの内容で、思い当たるフシのある方は、入出金情報を確認された方が良いです。

フィッシングサイトの作り方指南 容疑の中2を補導(朝日新聞)
何とも、嘆かわしいですが、中学2年生の少年(14歳)が、大手SNSサイトに酷似した画面を表示してIDやパスワードを搾取するサイトを構築するプログラムを公開し、不正指令電磁的記録提供の非行内容で補導されたとの事。
動機は「みんなの注目を集めたかった」からとの事。

何か、違う方法で、自己表現できなかったものでしょうか?

ネット社会が便利になる一方で、このようなセキュリティの問題が毎日報道されています。
当たり前ですが、最新のウィルス対策ソフトとファイアーウォールは、設定しておく必要があります。
不審なサイトで、パスワードの入力を行わない・URLを確認するなど、基本的な事項でしょうが、ちょっとしたスキに、「やってしまう」んでしょうね。

個人レベルでの対策とともに、システム全般であれば、別個対策が必要です。

なりすまし遠隔操作対策にLandscapeCat7

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする