LiveMigrationで仮想化の運用がダイナミックに、WindowsServer2012概要

アウトレット特別特価

Windows Server 2012のメリットとして、Live Migrationも挙げられます。

Live Migration(ライブマイグレーション)とは、
ある仮想マシンで稼働しているOSやソフトウェアを停止させずに、丸ごと別の物理コンピュータに移動させることを意味します。
これにより、ハードウェアのメンテナンスや部品の交換が必要になったときサービスを停止させずに対応することが可能となります。

つまり、システムを止めずにメンテナンスが可能となり、管理工数の大幅削減(休日対応・深夜対応が削減)が可能となります。
さらに、システムの連続稼働が可能となり、HWとSWを切り離す(仮想化)事で、安価なBCP対策としても利用可能となります。

従来であれば、LiveMigrationを実現するには、クラスタ環境が必要でした。

例えば、2008R2環境下でのLive Migration環境構築ガイドとしてIBMが資料を公開しているので、そちらを参照いただければ、ご理解いただけると思います。
IBM System x – Windows Server 2008 R2 Live Migration環境構築ガイド

Windwos Server 2012では、クラスタ環境が無くても、同OSを搭載した2台のサーバとそれを繋ぐネットワーク環境があれば、可能です。

作業の状況がYoutubeにアップされていましたので、ご紹介します。

詳細は、Microsoftのページをご確認ください。
仮想マシンのライブ マイグレーションの概要

WindowsServer2012発売記念キャンペーン