御社に最適なCALは?(ユーザーCALとデバイスCAL)

アウトレット特別特価

clientaccesslicensecal
サーバをお求めの際、CALについて問合せになるケースが増えています。

CALの内容については、下の記事をご参照ください。
CAL足りていますか?

Windows Serverについては、使用状況に併せて、必要な分のライセンスを購入するために、CAL(クライアントアクセスライセンス)という考え方で、ライセンスを販売しています。

Windows Server 2008R2 Standardをご購入の場合、デフォルトで5つのCALが付属してきます。

2つのCAL—ユーザーCAL、デバイスCAL

CALには、接続するユーザーに対してのライセンス「ユーザーCAL」と、接続するデバイスに対してのライセンス「デバイスCAL」が存在します。
このあたりが、若干分かりずらいところでもあるのですが、ご使用の状況によって選んでいただく事で、コストを抑える事が可能です。

例えば

接続するPC(クライアント)が5台、接続する人数が5人までの場合は、

⇒追加CAL不要

接続する人数が6人以上で、一人が複数の端末を使用する場合

例えば、社員様が業務用DTPとモバイルの複数を使用されている様なケースや、デザイン設計会社様などで、制作用と通常のPCを使用されいてる場合、または同じユーザーが、本店・支店・営業所などの拠点毎にPCを置いているケースなどで有効です。

⇒ユーザーCALが最適です。

接続するPC(クライアント)が6台以上で、一人が複数端末を使用しない場合

例えば、アルバイトやスタッフが1台のPCを共用していたりする場合などに有効です。

⇒デバイスCALが最適です。

接続するPC数と使用者の人数が同じ場合

将来の業務拡張を考えて選ぶと良いでしょう。
端末を共用する社員が増えそうな場合は「デバイスCAL」を、1人が確実に複数の端末を使用するケースが想定できる場合は「ユーザーCAL」を選択されるのがベターです・

CALはどうやって購入するの?

当店にてご購入いただけます。

ソフトウェア CAL関連

例えば、Windows Server 2008R2 Standard DSP版の追加CALであれば、1ライセンスあたりだと、
Microsoft Windows Server CAL 2008 Japanese 1pk DSP OEI 1 Clt User CAL

となります。

Windows CAL商品ページ.

クライアント アクセス ライセンス(CAL)について

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする