【How to Install】『Software in CSP』日本語版インストール方法

お買得商品

サーバーOSにOfficeアプリケーションをインストールする際は、パッケージ版Office 365版ではなく、MSライセンス版のOfficeが必要になります。
弊社ではSoftware in CSP版のOfficeアプリケーションの販売を行っておりますが、このOfficeは英語版でしかダウンロードできないという仕様になっています。
そのため、このCSP版Officeアプリケーション日本語版で利用するにはどうすればよいかというご質問をいただくことが多くなっておりますので、今回PGダイレクトスタッフブログで簡単にまとめました。

基本的には『MS Technet』の情報を簡略化して分かりやすくしたものなので、詳しくは『MS Technet』にてお調べください。

■手順
1.Office展開ツールをダウンロード
2.xmlファイルの作成(準備)
3.プログラムのダウンロード・インストールを実施

1.Office展開ツールをダウンロード

まず、下記URLよりOffice展開ツールをダウンロードし、任意のフォルダに展開します。

ダウンロードページ:https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

展開後の、【configuration-Office2021Enterprise.xml】の中に、「LTSC Professional Plus 2021」と記載がありますが、
このまま使用すると英語版となるので、使用しません。
ここで必要なものは【setup.exe】です。

2.xmlファイルの作成(準備)

次に、プログラムインストール用のxmlファイルを準備します。
※xmlファイル作成支援サイト( https://config.office.com/ )の活用もオススメです。

xmlファイルで使用する主な値

項目 製品(意味)
OfficeClientEdition
32 32ビット版
64 64ビット版
Channel PerpetualVL2021 ボリュームライセンス版
Language ID ja-jp 日本語
Product ID
Standard2021Volume LTSC Standard 2021
ProPlus2021Volume LTSC Professional Plus 2021
Access2021Volume LTSC Access 2021
Excel2021Volume LTSC Excel 2021
OneNote2021Volume LTSC OneNote 2021
Outlook2021Volume LTSC Outlook 2021
PowerPoint2021Volume LTSC PowerPoint 2021
ProjectPro2021Volume LTSC ProjectPro 2021
ProjectStd2021Volume LTSC ProjectStandard 2021
VisioPro2021Volume LTSC VisioPro 2021
VisioStd2021Volume LTSC VisioStandard 2021
Word2021Volume LTSC Word 2021
PIDKEY (25桁のプロダクトキー) MAKキー/KMS キー
Language ID ja-jp 日本語
ExcludeApp ID Lync Skype for Businessのインストールを除外
Groove OneDrive for Businessのインストールを除外

▼ xmlファイル作成例 ▼
【LTSC Standard 2021】

<Configuration ID=”bad742d3-4b9e-4e93-8fdd-ccdec96191b4″>
  <Add OfficeClientEdition=”64” Channel=”PerpetualVL2021″>
    <Product ID=”Standard2021Volume“>
      <Language ID=”ja-jp” />
    </Product>
  </Add>
  <Display Level=”Full” AcceptEULA=”TRUE” />
</Configuration>

【LTSC Professional Plus 2021】

<Configuration ID=”63e3c62f-cf42-4fd5-b811-f366311194de”>
  <Add OfficeClientEdition=”64” Channel=”PerpetualVL2021″>
    <Product ID=”ProPlus2021Volume“>
      <Language ID=”ja-jp” />
      <ExcludeApp ID=”Lync” />
    </Product>
  </Add>
  <Display Level=”Full” AcceptEULA=”TRUE” />
</Configuration>

【LTSC Excel 2021】

<Configuration ID=”bad742d3-4b9e-4e93-8fdd-ccdec96191b4″>
  <Add OfficeClientEdition=”64” Channel=”PerpetualVL2021″>
    <Product ID=”Excel2021Volume“>
      <Language ID=”ja-jp” />
    </Product>
  </Add>
  <Display Level=”Full” AcceptEULA=”TRUE” />
</Configuration>

赤字の箇所を変更して、インストールするビット数、製品を変更可能。
※『Skype for Business』は、サポート終了しておりますので、Professional Plusをインストールする際には基本除いて大丈夫かと思います。

プロダクトキーをあらかじめ入力しておきたい場合は、下記のように変更することで可能になります。

<Product ID=”ProPlus2021Volume” PIDKEY=”XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX”>

※プロダクトキーをあらかじめ入力しておく場合、自動的にライセンス認証を実行するように、【 AUTOACTIVATE 】を併用すると良いです。

<Property Name=”AUTOACTIVATE” Value=”1“>

以上がxmlファイルの準備です。

3.プログラムのダウンロード・インストールを実施

最後に、officeプログラムをインストールします。
【setup.exe】と「作成したxmlファイル」を同じフォルダ階層に配置します。
コマンドプロンプトを管理者として実行し、各種コマンドを実行してインストールします。

〖ソースファイルのダウンロードコマンド〗

cd<配置したフォルダ>

setup.exe /download<xmlファイル>

〖インストールコマンド〗

cd<配置したフォルダ>

setup.exe /configure<xmlファイル>

⚠ダウンロード中は絶対にコマンドプロンプトを閉じないでください‼

ダウンロードが完了すると、Officeフォルダが作成されますので、プロパティなどから中身が1GB以上あることを確認します。

インストール画面が出てきて、『すべて完了です』『Officeはインストールされました』などの表示が出たら、インストールは完了です👌🏻

※Excel単体でインストールした場合は、アイコン等が表示されないことがあるかもしれませんが、きちんとインストールできますので、同様にインストールしてください。

以上でインストールまで完了です。
セットアップお疲れ様でした・・・ 🙇🏻‍♀️

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする