VMware vSphereの特長と機能

お買得商品

VMware vSphereは、堅牢な仮想化プラットホームです。VMware vSphere の活用で、設備投資コストと運用コストを削減し、任意のOS、アプリケーション、およびハードウェアの選択が柔軟に行えるようになります。 情報システム部門は、常に最適なハードウェアを含むシステム環境構築が、適正な費用の元実行できます。

VMware vSphereの機能とコンポーネント

VMware ESXi

VMware ESXiは、ホストOSが不要で物理サーバー上でじかに稼動する、高パフォーマンスを持つ仮想PC環境を提供します。1台のサーバー上で、独立した仮想マシンを構築し、そのマシン上のシステムを複数同時稼動することで、ハードウェアの使用率を向上します。

VMotion

実行中の仮想マシンを停止させることなく、別の物理サーバーに移動させる機能です。計画的なサーバーメンテナンスなどが常時可能です。また、急激なサーバー負荷の増大時、この機能を利用することで、システム全体のパフォーマンス低下を最小限に抑えることができます。

DRS (Distributed Resource Scheduling)

ESXiホストのリソース状況に応じて、自動的にVMotionによるゲストOSの移行を行い、処理の負荷分散を図る機能です。クライアントからの要求をチェックし、システムのビジー状況を特定のサーバーに偏らないように調整します。負荷が高くなると自動的に新しい仮想マシンを起動する、といった処理も行います。

VMware HA (High Availability)

ハードウェアに障害が発生したとき、そこで稼働していた仮想マシンを、自動的にクラスタ内の別のVMware ESXi Serverホストで再起動する機能です

VMware FT (Fault Tolerance)

2台のホストの上で仮想マシンに同じ動作をさせて、ホストの障害に備えます。ホットスタンバイシステムですので、障害発生時に、ダウンタイムおよびデータ損失なしで仮想マシンをフェイルオーバー可能です。障害発生時対策として、システムの冗長度を高め、止まらないシステムを実現します。

Storage VMotion

一つのサーバー上にある仮想マシンを稼働させたまま、二つのストレージ間で移動させる技術です。ストレージの追加、メンテナンス時、システムを止めることなく、作業が行えます。

vStorageのシンプロビジョニング

仮想ディスクは、実際に使用分の物理スペースだけを消費(仮想マシンからは、フルロジカルディスクサイズが見える)します。この機能は、ストレージの使用率を高め、ストレージコストを削減します。

VMware vSphereの特長と機能

VMware vSphere は、既存のリソースを最大限に活用しながら、シンプルで常に利用可能なシステム環境を実現するための、費用対効果の優れた仮想化ソリューションです。

VMware vSphereの特長

ビジネス継続性機能を低価格で実現

ハードウェアやOSに障害が発生した場合でも、VMware vSphereは、すべてのアプリケーションを数分で自動的に再起動します。また、自動バックアップにより、すべての仮想マシンのデータ保護を完全に行うことで、障害発生時にも、事業継続が可能となります。

IT 管理の自動化により、保守コストを削減

VMware vSphere の自動管理機能を活用することで、システム担当者は、手作業による管理作業から解放されます。変更要求への対応時間、新しいアプリケーションの導入、利用環境の設定などの作業に要する時間が大幅に削減されます。

サーバ統合による、コスト削減

VMware vSphere の導入により、1台のサーバを複数の仮想マシンで共有します。さらに、既存のサーバを活用することで、管理コスト、消費電力、格納場所、新規購入が低減され、必要と考えられた物理リソースが抑制できますので、TCOが削減されます。

VMware仮想マシンの強化

単一仮想マシン内に構成可能な仮想CPUコア数は、最大32で、構成可能なメモリサイズの最大値は1TBです。構成される仮想グラフィクスアダプタが3Dグラフィクスに対応していますので、グラフィック処理が多用される業務でも、高いパフォーマンスで処理を行います。

VMware vSphereの機能

vCenter Server による統合管理機能

ウィザードを使ったユーザの要求に応じたリソースの割り当て、パフォーマンスの監視、物理マシンから仮想マシンへの変換など、多くの機能が提供されます。パッチ管理の自動化や、タスクのスケジューリングおよびアラート機能による操作の自動化が実現されます。

高パフォーマンスのサーバ仮想化機能

1台につき最大8個の仮想CPUを備えた仮想マシンが構成可能で、メモリ圧縮機能による、仮想マシンの高度なメモリ管理機能が提供されますので、高いパフォーマンスを得ることができます。

セキュリティと使いやすい管理機能

仮想マシンのネットワーク セキュリティおよびファイアウォール保護が統合され、サードパーティ製セキュリティ製品向けの VMware VMsafeセキュリティAPIも提供されていますので、普段使い慣れた環境でシステム管理が可能です。

幅広いハードウェアとソフトウェアのサポート

さまざまな種類のサーバハードウェアに対応しているだけでなく、ストレージも、SATA、NAS、iSCSIが利用可能です。さらに、ファイバ チャネルストレージ機器の認定サポートを行っていますので、既存ハードウェアのほとんどが流用可能となり、新たなハードウェア投資を抑制します。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする