Synology 電子帳簿保存法について①

お買得商品

電子帳簿保存法改正

今回は、現在話題沸騰中の電子帳簿保存法について触れたいと思います。

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法とは、“紙”で保存することが義務づけられていた、国税関係の帳簿や書類を電子化して保存する際のルールを決めた法律です。
なぜこの法律がクローズアップされているかというと、制度の変更が加わったためです。
ポイントとしては、スキャナ保存制度の要件緩和、電子データで授受した取引情報の書面保存の禁止、です。
詳細につきましては、国税庁ホームページに掲載の資料をご確認ください。

Synology NASの活用

上記の制度改正に対応するために、Synologyで以下の機能を活用頂けます。

・フォルダアクセス権限設定機能
・ログセンター(操作ログ取得)
・Universal Search(ファイル高速検索)
・Hyper Backup(データ消失対策)
・Snapshot Recplication(データ消失対策)
・セキュリティアドバイザー(セキュリティ対策)

Synologyでは、上記パッケージを全て無償でご利用いただけます。
次回は、上記パッケージの内容について触れたいと思います。

■Synolgy 3年保守付きモデル

http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=1794

■Synolgy 5年保守付きモデル

http://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=1793

※その他商品は、お問い合わせください。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする