ECS LIVA Q1L Ubutu Desktop 20.04.2.0LTSインストール手順

アウトレット特別特価

1.インストールメディア準備

UbuntuをインストールするためにブータブルUSBを作成します。
容量が2.8GBより大きいUSBメモリを用意してください。
この手順を行うとお使いのUSBメモリのデータは削除されるので予めご注意ください。

「Ubuntu Desktop 20.04 2.0 LTS」のイメージファイルを用意します。
下記のURLからダウンロードすることができます。
https://jp.ubuntu.com/download

続いて、ISOイメージファイルを書き込むために
Rufusを下記のURLからダウンロードしてください。
(すでにUSBに書き込むアプリケーションを入れている場合は入れなくても構いません)
Rufus – Create bootable USB drives the easy way

赤枠の「Rufus」をクリックしてください。
ダウンロードが開始されますので、完了するまでお待ちください。

赤枠の「Rufus」をクリックしてください。
ダウンロードが開始されますので、完了するまでお待ちください。

エクスプローラーの左の文字列にある「ダウンロード」を選択してクリックしてください。
※ダウンロード先が異なる場合があります、ダウンロードしたフォルダをご確認ください

クリックすると先ほどダウンロードしたRufusと、ubuntuのISOイメージファイルを確認することができます。
ダウンロードされていることを確認したら、USBメモリに書き込むので予めデータを消したまたは、消しても大丈夫なデータの入ったUSBメモリをLIVAのUSBポートに差し込んでください。
準備ができましたら「Rufus」のプログラムを起動してください。

USBメモリを差し込んだ状態でRufusを起動すると上の図の画面が現れます。
「デバイス」の所に差し込んだUSBメモリが表示されるので認識されていることを確認したら書き込むISOイメージファイルを選ぶため「選択」をクリックしてください。

「選択」をクリックすると上の図の画面が現れるので左の文字列から「ダウンロード」をクリックし、ダウンロードの中から「ubuntu 20.04」のデータを選択して「開く」をクリックしてください。

「開く」をクリックすると元の画面に戻るのでubuntuのISOイメージファイルが選択されていることを確認してから「スタート」をクリックしてください。

「スタート」をクリックすると上の図の画面が表示されるので「ISOイメージモードで書き込む(推奨)」にチェックがあることを確認したら「OK」をクリックしてください。

選択したUSBメモリの内容が消去される旨の注意が、表示されますのでUSBメモリの中身をよく確認し、作業を続行する場合は「OK」をクリックしてください。

作業が開始されますので、完了するまでお待ちください。

「準備完了」と表示されたら「閉じる」をクリックしてください。
これで、USBメモリへのISOイメージファイルの書き込みは終了です。

2.Ubuntuインストール

ubuntuのブータブルUSBメディアをLIVAのUSBポートに差し込んだ状態で再起動してください。
再起動中に「ESC」を画面が切り替わるまで何度も押しBIOSを起動してください。もしWindowsのログイン画面になってしまった場合は再起動をして、BIOSに入れるまで繰り返してください。

成功すると上の図の画面が表示されます。
キーボードを操作し、Bootタブに移動します。

Boot Option#1を選択してEnterを押してください。

Enterを押すと上の図の画面が表示されるので先に差し込んでおいたUSBメモリを選択してEnterを押しUSBメディアの起動順序を変更します。

図のように「Boot Option #1」に自分のUSBメモリが認識されていることを確認したら、Exitタブに移動してください。

「Save Changes and Exit」を選択してEnterを押してください。

上の図の画面が表示されるので「Yes」を選択してEnterを押してください。
押した後はキーボード上のCtrlとAltとDeleteを同時に押してください。
これにより再起動します。

再起動するとディスクのチェックが開始されるので完了するまで少々お待ちください。

ディスクチェックが終わると上の図の画面が表示されるので左の言語選択列から「日本語」選択して「Ubuntuをインストール」をクリックしてください。

上の図の画面が表示されたら左側で「Japanese」を選択し、右側で「Japanese」を選択したら「続ける」をクリックしてください。

「通常のインストール」または「最小インストール」を選択し必要に応じて「Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロード」と「グラフィックとWi-Fiハードウェアと追加のメディアフォーマットのサードパーティ製ソフトウェアをインストールする」にチェックを入れ「続ける」をクリックしてください。

今回のLIVAではWindowsとUbuntuのどちらも使えるようにするため「UbuntuをWindows Boot Managerとは別にインストール」を選択し「続ける」をクリックしてください。

「インストール」をクリックしてください。

「どこに住んでいますか?」と表示されるので、表示されたら
「Tokyo」になっていること確認して「続ける」をクリックしてください。

アカウントを作成して「続ける」クリックしてください。

インストールが完了するまでお待ちください
インストールが完了したら「今すぐ再起動する」をクリックします。

これでUbuntuのインストール手順は終了になります。

■ECS LIVAシリーズ

https://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=1594

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする