旬の味覚、食べすぎに注意!

アウトレット特別特価

気温が下がって秋が深まってきましたね。

最近は技術が進歩して通年で様々な野菜が販売されていますが、

それでも口にする食材に少し変化が出てきたのではないでしょうか。

「食欲の秋!」な方も多いかもしれませんが、秋の味覚には食べすぎにより中毒を引き起こしてしまう食材があります。

銀杏です。古くから年齢の数より多く食べてはいけないといわれているので、ご存じの方も多いかと思います。

おつまみとして口にする機会が多い銀杏ですが、一度に大量に食べると

めまいや痙攣などの症状を引き起こします。

銀杏に含まれている成分の中に、ビタミンB6の吸収を阻害するものが含まれており、

本来ビタミンB6の働きに助けられてGABAに変換される脳内のグルタミン酸が

過剰になってしまうため、中毒症状が起こるとされています。

じゃあ何個までなら食べていいのか、

成人の方は40個未満とされています。

しかし、体調や体質によっては10個未満でも症状が出ることもあるようです。

体調がすぐれないときは口にしないほうがよいでしょう。

また、銀杏中毒患者の割合は10歳以下が非常に多いです。

食べさせないほうが安全と考えたほうが良さそうですね。

どの食材にも言えることですが、銀杏は特に食べすぎに注意です!

参考文献

日本中毒情報センター

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする