「飽きられる文章」と「読まれる文章」決定的な差

アウトレット特別特価

机で勉強をする生徒のイラスト(女子)

リモートワークが増えたことによって、
言葉ではなく文章でのやり取りが増えた方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、読まれる文章を書くためのポイントを紹介していきます。

  • 「新しい情報=おもしろい文章」ではない

おもしろい文章は「共感8割、発見2割」で構成されています。相手の疑問を引き出すような文章や、相手にとって懐かしい情報を文章の中に入れることによって、「書き手と読み手のあいだの溝」を埋め、その上で、1、2割の「新しい情報」を入れることで、「新しい発見」が際立ち、伝わりやすくなります。

  • 「共感」を入り口にする

文章の初めに「あるあるネタ」を入れることによって、読み手の興味を引くことができます。読み手の過去の経験と類似した情報を入れることによって、その文章に親しみを与えることができます。

  • 読み手の「ツッコミ」を先回りする

重要なことを説明するときには、文章がどうしても長くなってしまう場合があります。そのようなときには「説明が長いと思われているだろう。しかし実は、ここが大切なポイントなのでしつこいかもしれないが繰り返させてほしい。」と先回りすることによって、読み手に安心感を与えることができます。

これらのテクニックはプレゼンをするときにも有効であると考えます。

文章を書くことや人前で話すことが苦手な方は、ぜひ実践してみてください!

【参考記事】

https://toyokeizai.net/articles/-/364162

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする