ツインデミックの危機に備えよう!

アウトレット特別特価

昨日10/1より、インフルエンザワクチンの接種が開始しました。


毎年秋から冬にかけてインフルエンザが流行り始めますが、今年は”コロナ“と”インフルエンザ“の同時流行(ツインデミック)の恐れがあります。

インフルエンザとコロナの違いは?

同時流行した場合、問題なのが二つの感染症をどう識別するかということになりますよね。
しかし、双方とも呼吸器感染症であり、症状がよく似ているので識別するのは難しいと言われています。
ここでは、「一般社団法人日本感染症学会提言 今冬のインフルエンザと COVID-19 に備えて」を基に、インフルエンザとコロナの違いを表に纏めました。

  インフルエンザ    COVID-19
 症状の有無 ワクチン接種の有無などにより程度の差があるものの、しばしば⾼熱を呈する 発熱に加えて、味覚障害・嗅覚障害を伴うことがある
潜伏期間 1-2 ⽇ 1〜14 ⽇(平均 5.6 ⽇)
 無症状感染 10%
無症状患者では、ウイルス量は少ない
数%〜60%
無症状患者でも、ウイルス量は多く、感染⼒が強い
 ウイルス排出期間 5-10 ⽇(多くは 5-6 ⽇) 遺伝⼦は⻑期間検出するものの、 感染⼒があるウイルス排出期間は 10 ⽇以内
ウイルス排出のピーク 発病後 2,3 ⽇後 発病 1 ⽇前
重症度 多くは軽症~中等症 重症になりうる
致死率 0.1%以下 3-4%
 ワクチン 使⽤可能だが季節毎に有効性は異なる 開発中であるものの、現時点では有効なワクチンは存在しない
 

治療

 

オセルタミビル、ザナミビル、ペラミビル、ラニ ナミビル、バロキサビル マルボキシル 軽症例については、確⽴された治療薬はなく、多くの薬剤が臨床治験中

インフルエンザとコロナの症状が疑われた場合は?

前述した通り、インフルエンザとコロナの識別は難しいので、インフルエンザが強く疑われる場合を除き、出来る限り両方の検査を行うことが推奨されています。
しかし、コロナの検査の供給は限られるので、流行状況によっては先にインフルエンザの検査を行い、陽性であればインフルエンザの治療を行って経過を見ることも考えられます。

(引用:一般社団法人日本感染症学会提言 今冬のインフルエンザと COVID-19 に備えて)

今後考えられる危機に備えて

コロナが流行り出し、新しい生活様式に切り替わっていきましたが、今後も変わらずにマスク着用・うがい・こまめな換気などを継続していき、感染症の予防を徹底していきましょう!
実際に、コロナが問題視され始めた2020年2月頃から衛生意識が高まったこともあり、インフルエンザの患者数は大幅に減少したと言われております。

また、いくつかの研究によると、インフルエンザワクチンにはコロナの死亡率を下げる効果があるという結果が出ております。

(参考文献:https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.06.24.20129817v1)
(参考文献:https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.06.29.20142505v1)

今後想定される危機に備えて、感染対策を心がけていきましょう!