Synologyテクニカル情報 ランサムウェア対策

アウトレット特別特価

増え続けるランサムウェアに対して、Synologyの無料アプリを使っての有効な対策方法をお伝えいたします。

■「ランサムウェア」とは?
別名「身代金要求型ウィルス」とも呼ばれる2017年頃から全世界で猛威を振るっているマルウェアです。

どのような「悪さ」をするウィルスかというと、Excel(xls)やWord(doc)等、利用者が使うファイルを、すべて暗号化してしまい開けなくしてしまいます。
これだけだと、シンプルにファイルを壊してしまったりパソコンが起動しなくなったりするウィルスの方が脅威と思われがちです。しかし、実は、ランサムウェアによっては、ファイルの暗号化を解除する為に、「身代金」を請求してくるのです。
「データを取り戻す代わりにお金を払いなさい」と画像のような警告メッセージが出るため、「身代金要求型ウィルス」と呼ばれています。

※画像はWannaCryに感染した際に表示される画面

■対策方法
暗号化されたファイルを元に戻すのは難しいですが、ウィルスに感染する前のデータに戻す事は可能です。
定期的にバックアップを取って置き、バージョン管理を行う事により、感染する前のデータにアクセスし、その状態を復元する事ができます。

もちろん、感染したPC等をそのままにしておくと、復元した後でも、再度暗号化される可能性はありますが、バックアップされたデータは、編集が出来ない形式ですので、いつでも正常な状態のデータに復元可能です。

■Snapshot Replication
共有フォルダ毎に設定可能な、バージョン管理ソフトです。
Synology単体で設定出来、自分自身に1共有フォルダ最大1024バージョンの世代管理が可能です。
またSynologyが2台以上あれば、お互いのデータを複製しつつ世代管理も出来、ランサムウェア対策やディザスタリカバリのための環境も構築出来ます。

バックアップされたデータも、ファイルそのままのコピーですので、扱いが簡単で、復元も簡単に実施出来るのが特徴です。

■Hyper Backup
外付けHDDやクラウドのストレージサービス、Synology NASに対して、自身のデータをスケジュールバックアップするソフトです。
Snapshot Replicationとの違いは、ブロック単位でのバックアップで、圧縮もかかるため、バックアップ先の容量が少なくて済む事です。
こちらも最大256バージョンの世代管理が可能で、ランサムウェア対策に使用する事が可能です。

■ウィルスに感染しない事がベスト…..でも…
セキュリティソフトをインストールしていても、新しい未知のウィルスを駆除してはくれません。
ウィルスに感染しなくても、お使いのPCが壊れて動かなくなる事もあります。
PC内のデータは、いつ・どんな形で無くなってしまうか判りません。
SynologyNASを活用し、バックアップ設定をしっかり行い、便利かつ安全なファイル共有サービスをご利用ください!