富士通 PRIMERGY TX1310 M3 ソフトウェアRAID設定手順

アウトレット特別特価

定期的にお問い合わせいただきます『富士通 PRIMERGY TX1310M3』のオンボードコントローラ(ソフトウェアRAID)の設定手順についてご説明させていただきます。

▼起動し、下記の画面が表示されたらキーボードの”F2″キーを押下します。

▼UEFI設定画面が出ますので、右カーソルでタグの”Advanced”を選択

▼”LSI Software RAID Configuration Utility”を選択

▼”Virtual Drive Management”を選択

▼”Create Configuration”を選択

▼”Select RAID Level”で【RAID1】を選択し、”Select Drives”を選択

▼今回HDD使用の為、“Select Media Type”を【HDD】で選択します。
  ※SSDの場合はSSDを、HDD・SSDが各1組等混在の場合はBothを選択します。
 RAID構成の、対象とするDriveを【Enabled】に変更し ”Apply Changes”を選択

▼”OK”を選択

▼”Disk WC”で【Enable】を選択し、”Save Configuration”を選択

▼”Yes”を選択

▼”OK”を選択、これで設定がSaveされました。

以下作成したRAID構成が、組まれているかの確認手順となります。
▼”Virtual Drive Management”を選択

▼”Manage Virtual Drive Properties”を選択

▼RAID1構成の設定確認、HDD容量などがご確認いただけます。

以上 PRIMERGY TX1310 M3のソフトウェアRAIDの設定手順でした。
商品ご購入の際にはRAID設定、組み込み作業を当社で承っております。

その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。