Office 365の大切なデータをオンプレで簡単バックアップ!

アウトレット特別特価

SyonologyNAS製品を活かすアプリケーション・シリーズ

◆Synology Active Backup for Office 365

Office 365 にバックアップが必要な理由

Office 365は、 業務用アプリケーションをMicrosoftの堅牢なクラウド上で利用できます。
しかし、データの管理責任は利用者側にあります。

解決① 運用容易
導入されたSynology NASにバックアップが設定されると、自動的に変更内容を監視しながらバックアップを行います。
監視画面で随時運用の監視でき、ディスク容量不足などのアラートを設定できます。

解決② 即時復旧
Active Backup for Office 365 Portalを利用し、わかりやすい画面で、管理者ではなく、社員(ユーザー)自身がデータを復旧することが可能です。

解決③ 低コスト
バックアップには、ストレージとバックアップアプリが必要です。
SyonologyNASは、空いているディスク領域で利用でき、信頼性が高い高機能バックアップアプリが無提供償されるためコストを抑えた導入が可能です。

特徴1:包括的なバックアップ
One Drive for Business:
ファイル・フォルダ/共有権限/最終変更日時などの対応するメタデータ

メール:
個人・ルーム・デバイス・共有メールボックスに保存されたデータ/フォルダー構造/添付ファイル

連絡先:連絡先に保存されたデータ

カレンダー:
カレンダーに保存された基本データと添付とデータ

■Office 365各種プランに対応  : Business / Enterprise / Education / Exchange Online

■Synology NASのディスク容量が許す限りOffice 365ユーザーアカウントのデータをバックアップ可能

特徴2:わかりやすい管理画面

Active Backup for Office 365 Portal を利用し、社員(ユーザー)と管理者の両者が、復元したいファイルなどを簡単に見つけられ、数クリックするだけで復元やエクスポートができます。

①多様な単位で復元
ユーザー全体のバックアップ内容のほか、ファイル、メール、メール添付、連絡先、カレンダー、イベントの単位で、これらに関連するメタデータも含めて復元可能です。

②コンテンツ検索から復元
検索キーワードが含まれているメールやメール添付、連絡先やカレンダーを検索可能です。さらに検索結果から、復元可能です。

③データプレビューから復元
復元する前に、メールや連絡先の内容をプレビューでき、必要なファイルなどを確実に復元できます。

④データのエクスポート
メール、連絡先、カレンダーデータは、eml、csv、isc フォーマットでエクスポート可能です。

特徴3:費用はストレージのみ 

必要なデータ保持期間とOffice365保持ポリシーとのギャップをカバーするため、各種メーカー/ソフトベンダーからクラウド・オンプレのバックアップソリューションが提供されています。SyonologyNASをご購入いただくと、Synology Active Backup for Office 365を無償で利用可能です。また、ファイルサーバとして利用しながらOffice365バックアップを実現できるため大幅に導入コストを削減できます。

■Synologyデスクトップモデル

https://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=629

■Synologyラックマウントモデル

https://www.pg-direct.jp/products/list.php?category_id=628