【TECHブログ】Synologyの問い合わせ、サポートについて

アウトレット特別特価

こんにちは、技術の渡邊です。

今回は、前回に引き続き、Synologyの技術サポートについてです。

問い合わせは、こちらのサイトから実施します。

https://account.synology.com/support/support_form.php

必要事項を記入して進めます。

下のほうに、再現方法、ファイルのアップロードがあります。

Speed up support by uploading logs in “DSM > Support Center > Support Services > Log Generation”

とここだけ、英語で書いてあるのですが、

何かというと、詳細のログ(Debug.datファイル)を作って、送ってね。そのほうが早いから。という話です。

Synologyは、Linux(Synology製)でして、いわゆる/var/log とかLinuxのログ全体を送付します。

具体的にログの生成方法ですが、

まず、DSMにログインします。

デスクトップが起動したら、左上のスタートボタンを押して、”サポートセンター”(マイクしているおじさんのアイコン)をクリックします。

サポートセンターが開いたら、”サポートサービス”を開きます。

下のほうに”ログ作成”があります。

すべてにチェックして、”ログ作成”を押します。

ファイルが作成されて、ダウンロードしますか?と聞いてくるので、ダウンロードします。

ファイル名:debug.dat 中身は圧縮したLinuxの/varファイルです。一般的な解凍ソフトで解凍できます。Linux猛者の方は、開いてみてみるとよいと思います。

先ほどの問い合わせフォームのファイルアップロードにアップロードします。

しかし。。。。20MBまでなんですね。HA組んでいてそこそこ動いているSynologyのDebug.datファイルは、70MBあるんです。アップロードできないんです。(このあたりは、メーカさんの努力に期待したいところです。)シングルのサーバ構成で、使い始めて数日とかあんまりApplicationを使っていない場合などは、20MB以内になるので、そのままアップロードできます。

アップロードできない場合ですが、問い合わせの内容に

”私は、Debug.datを用意しましたが、20MB以上なので、添付できませんでした。別の送付方法を提供してください。”

と、片言の日本語で、乗せておくとベターです。

サポートの担当から、メールで、FTPサイト(UPLOAD無制限:当然Synolgoyで動いている)の連絡がきます。ここで、お名前に”チケットのインシデント番号”をいれて、ファイルをUPLOADします。

これで、後は解析を待つだけです。

日本と台湾の時差は、1時間です。かなり、タイムリーに答えてもらえますので、必要が

出た場合はぜひ、ご利用ください。

2018/3/20

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする