【TECHブログ】CATケーブルについて。40GBASE-T?!

アウトレット特別特価

技術の渡邊です。地味な話なのですが、CATケーブルを説明する機会がありましたので、

ご案内します。私も調べなおしたら、今、CAT.8まであるんですね。勉強不足でした。

10G Ethernet もサーバ界では、かなり手ごろな値段になり、主流になりつつありますので、ご参考になればと思います。

まず、種類です。

CAT.5

最近は、”e”なしのCAT.5も少なくなりました。100MbpsのEthernetで使う一昔前の主流ですね。最大周波数が、100MHzまでの帯域を規定した規格で、最大伝送速度は、100BASE-TXの規格で100Mbps、ATM(エーティーエム)というLAN規格では、155Mbpsです。

CAT.5e

小さいeは、エンハンスのEで、カテゴリ5ケーブルのノイズを抑える性能を高くして、ギガビットイーサネットに対応できるように拡張したケーブルというわけです。

主に、100BASE-TXや1000BASE-Tで用いられ、現在、最も主流となっているケーブルです。

目の前に転がっているケーブルのほとんどは、このCAT.5eのケーブルで1Gbps(ギガビットイーサネット)で利用する主流です。

CAT6

カテゴリ6は、カテゴリ5eよりもさらにノイズを抑えた規格で、8芯4対のうち2対を送信と受信用に分け、さらにケーブルの中心に十字の区切り物(十字介在という)を入れ、4対を区切ることでノイズを減少させています。(マルの中に十字を書き、そこにできた4つの扇形の中にそれぞれ1対の線を通すイメージ)

カテゴリ5と同様に、カテゴリ6の性能をフルに使えば、さらに上位の10Gigabit Ethernetでも使用することが可能です。10GEther利用の場合、UTPケーブルのケーブル長は最大37mあるいは55mまでです。

CAT6a

IP SAN(ストレージ用の専用ネットワーク)などで使う10GBASE-T環境では、弊社ではほぼ、このケーブルを利用しています。10GBASE-Tの性能を十分に発揮するものとして規格された。周波数はカテゴリー6の2倍の500MHzとなっている。

注意があって、ノイズが載ると10GBASE-Tのパフォーマンスでません

構築時に私も経験があるのですが、束ねすぎたりとか、スイッチやサーバのアースがちゃんと取れてないなどの原因で1Gbpsでリンクアップしたり。。。

一見、きれいにまとまっているのですが、上のように結束バンドでがっちりやるとアウトだったり。

それが、いやなら”光”を使いなさいという話ですが。。。

CAT7

カテゴリー7ケーブル規格は、10ギガビット・イーサネットを銅線で100mを超えて実現するために策定された(現在10ギガビット・イーサネットの銅線ケーブルとしては一般的にカテゴリー6ケーブルが利用されている)。他のツイストペアケーブルと同様に、ケーブルは4対のツイストペアケーブルで構成されている。Cat 7の終端はRJ-45 (8P8C) と互換性を持つGG45コネクタもしくはTERAコネクタである。ヨーロッパではTERAが主流である。GG45コネクタもしくはTERAコネクタと組み合わせることにより、カテゴリー7ケーブルは600MHzまでの伝送を行うことができる。(WIKI)

CAT7も手軽に購入できるようになっていて、10GEのIP-SAN導入では、数本の場合は、もう

CAT7で買ってます。CAT7でノイズなどの問題は、まだ出たことないです。(気も使っていますが。。。)

CAT7a

CAT7の上限周波数を1000MHzまで引き上げた規格である。シミュレーションの結果によると、40ギガビット・イーサネットでは50mまで、100ギガビット・イーサネットでは15mまで利用できる(WIKI)

CAT8

正直、知りませんでした。ELECOM(有名なケーブルメーカ)で、もう普通に販売しているんですね。(不勉強でした。)

カテゴリー8対応製品は、ギガビット通信をサポートする次世代40ギガビット・イーサネット“40GBASE-T”に対応します。エラーを防ぐ2重シールド構造により、複数本束ねた状態で使用しても安定したデータ伝送を実現します。ヨリ線のピッチ精度が高く遮蔽効果に優れているため、EMI(電磁妨害)対策が必要な施設に最適です。また、伝送帯域2000MHz対応により、複数台の機器の接続による伝送速度の低下を防止しますので、企業の基幹通信などにお勧めです。ツメ折れ防止プロテクタと屈曲に対する耐久性が高い新素材コネクタを採用し、通常の使用環境では絶対にツメが折れない仕様です(※)。延焼予防に効果のある難燃性素材(JIS C 3005 相当)を採用しています。スタンダードタイプの“LD-OCTTシリーズ”に加え、扱いやすい超スリムタイプの“LD-OCTSTシリーズ”をご用意しています。(ELECOM様のページより引用)

ただ、ここで思ったのは、40GBASE-Tスイッチ?NIC?って思ったので、調べました。

Intelは、ないですよね。やっぱり、40Gbpsは、QSFP+ Direct Attach Twinaxial ですね。

Broadcomもやはり、ないですね。

Mellanox 最近、よく使うんですが。。。ないですね。

CAVIUM(旧QLogic社)、やっぱりないです。

ということで、結論。メージャーメーカで無いので、まだ無い(一般的ではない)ことにします。

40GBASE-T

あったら、教えてください。

そもそも40GBASE-Tって、Infinibandで使えばよいので、EthernetでさらにTCP/IPで、なんてことは、普通考えないということで、OKですよね。かなり、自信ありませんが。

ケーブル取扱商品

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする