【TECHブログ】RPA

アウトレット特別特価

明けましておめでとうございます。2018年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

今日は、RPA(Robotic Process Automation)について、投稿します。

AIやディープラーニング、色々なキーワードで、2017年聞いてきたところですが、2018年は、かなり本格化しそうですね。

RPAは、これまで人間が行ってきた作業を人間に代わって自動化する。とはいえ、工場で動く機械式のロボットとは違い、ソフトウェアとしてPC上で動作して、企業で働く業務部門がこれまで担ってきた作業を代行する。人事、経理財務、調達、営業事務など、ERPでシステム化するには作業ボリュームが少なく、泣く泣く自動化には至らなかった作業をカバーできることが特徴だ。

ということでして、自分もその昔、業務システムのお守りをしていた時期がありまして、

ERPを運営する際に何度か、

業務分析→ERPへの適用

の際に業務の担当者に嫌われることが、ありました。どうしてもROIが合わない業務シナリオは、システム化からはずしてたんですね。某S○Pとか使うと、パッケージに合わせて業務を変えよう!なんて、やっていたので、かなりのシナリオが、このパッケージに合わせて手作業を増やすということが、ありました。

だって、S○Pをいじっちゃうと、人間、何人分かかるかわからないくらいの、費用が、バージョンアップやら、次期システム導入の際にかかりますから。(当時は、当たり前と思って進めていたのですが、システムって自動化、データ化するのが、仕事なのにおかしな話ですよね。)

というのが、当時は、当たり前だったのですが、どうもRPAを入れると、この辺を救ってくれるそうです。

すばらしいと思いますが、それ自体がやっぱり、変化の際の足かせになるんじゃないかなぁとちょっと、不安もあります。

しばらく、業務系アプリなんかから遠ざかっているので、少し勉強してRPAの活用について今後、紹介したい記事が出たら、紹介します。

今年もよろしくお願いします。

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする